2021年10月からのたばこ税増税等に伴い、JT(日本たばこ産業)は8月23日、財務省へ加熱式たばこ50銘柄の小売定価改定の認可申請をしたと発表した。

先月の紙巻きたばこ等計173銘柄に続いての発表となり、認可されれば10月1日から値上げとなる。喫煙者にとっては心中複雑であろうが、しっかりと受け止めて対象銘柄を確認してみてほしい。

今回は、今後のコスト上昇等を踏まえ検討を重ねた結果、一箱当たり 30 円の値上げとされている。
なお、「キャメルブランド」については価格据え置きとしている。

【代表的な加熱式たばこの改定価格】
・メビウス・プルーム・テック専用: 現行 540 円 → 改定 570 円
・メビウス・プルーム・テック・プラス専用: 現行 550 円 → 改定 580 円
・メビウス・プルーム・エックス・プルーム・エス用: 現行 540 円 → 改定 570 円

参考までに、
正式に申請認可され10月1日より値上げが決定した、紙巻き、葉巻たばこの主要銘柄は下記となっている。

【紙巻たばこの主な改定価格】
・ナチュラル アメリカン スピリット : 現行 570 円 → 改定 600 円
・セブンスター、ピース(20 本入) : 現行 560 円 → 改定 600 円
・メビウス: 現行 540 円 → 改定 580 円
・ピアニッシモ : 現行 540 円 → 改定 570 円
・ウィンストン (キャスター、キャビン): 現行 500 円 → 改定 540 円
・キャメル : 現行 450 円 → 改定 460 円

【葉巻たばこの改定価格】
・キャメル・シガー : 現行 400 円 → 改定 500 円
・わかば・シガー : 現行 410 円 → 改定 500 円
・エコー・シガー : 現行 400 円 → 改定 500 円
・キャメル・シガー (スリム): 現行 380 円 → 改定 490 円

▼あわせて読みたい