地元企業がタッグを組んではじめたのは、オンラインでの北海道物産展。普段は百貨店などで開催する物産展をそのままオンラインで開催することで、足を運びにくい遠方の人にもおいしい北の恵みを届ける。

通常の物産展では、各業者のブースごとに購入・会計をするところだが、業者間の垣根を超えた商品を詰め合わせたアソートセットにすることで、お得感とお楽しみ感をアップ。セットは5,000円、8,000円、12,000円の価格帯から選べるが、中身は届いてからのお楽しみ。注文を受けたタイミングで最もおすすめの商品を組み合わせてくれるとあって、届くまでどんな食材が食べられるか期待に胸を膨らませて待つことになる。

セットは全て送料無料で、売上の一部はこども食堂活動資金にあてられる。購入者は、おいしい食材を自宅に迎えると同時に、北海道の食品事業者と子どものいる家庭に笑顔を届けることができる、まさにペイ・フォワードなプロジェクトだ。

「笑顔の連鎖」に参加して、北海道の食材で自粛ムードに明かりを灯してみては。

オンライン北海道物産展