憧れだった60年代のアメリカンライフ

ぽってりとした厚みと柔らかなパステルカラー。ほどよい重さと手触りは、使うほどに愛着がわいてくる。50年代から70年代にかけて、アメリカの食卓やダイナーなどのレストランで使われてきたファイヤーキング。

アメリカはオハイオ州にあるアンカーホッキング社というガラス製造会社が手がけていたブランドで、戦後のアメリカの経済成長期に大量生産された。

ファイヤーキングといえばマグと言われるほどの代表アイテム。写真は取っ手が「D」の形に似ていることから「Dハンドルマグ」と呼ばれる。

製造は1976年で終了しているが、40年以上たった現在においても、主にアメリカや日本でアンティークやブロカント(フランス語で「美しいガラクタ」の意)として人気を集めている。

その魅力は、まず古き良き時代を彷彿とさせるフォルムと色彩。マグカップからプレート、キッチンウェアなど種類も豊富で、特にマグはデザインが多いことから、日本のそば猪口集めのように愉しむコレクターが少なくない。

人気のシリーズ「ジェード」をはじめ、カラーシリーズ、企業広告がプリントされた「アドバタイジング」シリーズなど楽しいデザインが多種多彩。オーブンでも使える耐熱ガラスなので、割れにくく丈夫なのも魅力のひとつだ。

「ジェード」シリーズのストレートカップ&ソーサー。レストランウェアとも呼ばれ、業務用に作られたため頑丈で使い勝手も良い。

ファイヤーキングを代表するシリーズ「ジェード」とは翡翠色を意味し、緑色に乳白色を混ぜたような独特の色合いが美しく、ミルクガラスとも呼ばれている。

レストランで使われることが多かったため堅牢さはもちろん、マグカップだけでもアイテムは様々で、ファイヤーキングを手にするならまずこのジェードから始めてみるのも良いだろう。

作られた年代の目安となる裏刻印。ファイヤーキングが盛んに作られた1940年後半~70年代にかけて、少しずつ刻印が変化した。これは1960年代中頃のもの。

同じように見えるマグカップも実は年代ごとに少しずつ形が異なり、値段もやはり古い方が高くなる。そのひとつの目安になるのがバックスタンプ、エンボスとも呼ばれる裏刻印だ。

40年代後半の立ち上げ時の刻印はシンプルだが、年を追うごとに書体が変わったりアンカーホッキング社の錨マークが入るようになったり。表記によって大体の年代がわかり、それもまた選び方の楽しみになる。

人気の「アドバタイジング」シリーズのマグカップ。おなじみのマクドナルドとA&W。ほかにも保険会社やガソリンスタンドなどの企業広告がプリントされたものが多種多彩に存在する。

オンラインのアンティークショップで年代物を探す楽しみ方もおすすめだが、手軽に新品を入手することも実は可能だ。当時の製法をベースに、より進化したファイヤーキングヘリテージシリーズがオンラインで販売されている。日本のガラス職人の熟練の技術により受け継がれ、メイドインジャパンで作られているのだ。

マグに注いだコーヒーを飲みながら、憧れだった60年代のアメリカンライフに思いを馳せる。そんなひとときをファイヤーキングで演出してみるのも悪くない。

文/高地 梓