【プロフィール】赤髪社長
1993年生まれ。兵庫県出身。兵庫県立龍野高校卒業後、国立福井大学教育学部に進学するも1年で退学後、慶應大学経済学部に進学、こちらも馴染めず1年で退学。19歳でホームページ制作会社を起業。持ち前の明るさをもって東京渋谷にてバリバリの営業マン経営者に。ホームページでは集客できない時代ということに気づき、26歳でSNS運用代行業を本格的に始動。現在は美容クリニック、美容室、他企業のSNS運用をプロデュースしている。

【こんな男はモテない!5つのあるあるダメンズ特徴】

19歳で東京に出てきて早8年が経ちました。人が多い場所を好み、出会いに貪欲な私は数千人の男性と話してきました。仕事においても関わる人は男性ばかり。

東京には色んな男性がいる。そして私は、ダメな男には特徴があることに気づきました。ここで言う「ダメ」とはモテない、仕事ができないことを指します。そんな特徴を5つ、今日は皆さんにシェアしたいと思います。

1 姿勢が悪い

あなたの周りにもいませんか?猫背な男性や、デスクに向かうときに違和感を覚える姿勢の男性。私が思うに、見られていることを意識すれば姿勢が悪くなるわけがないんです。「少しでも良く見られたい」という向上心は非常に重要です。その意識が日々の善行やキャリアアップに繋がるのですから。仕事が出来る男性はどんな状況であれ見られていることをしっかり自覚しています。

2 お礼がいい加減

感謝の気持ちを伝えることをサボるなんて言語道断です。いくら心で思っていても、思いというものは言葉にしないと伝わらないのです。お礼がいい加減ということは人間関係を構築するうえで、コミュニケーションがいかに重要かを知らない証拠です。

3 正論を述べて勝った気でいる

臨機応変にその場に対応できない人は、経験値が浅い証拠です。正論なんかでは片付かないのが世の中。大切なのはひとりひとりの心。感情的になりがちな女性もそれはそれで問題ですが、論理的になればいいものでもありません。トラブルが起こったとき、何を発言するかは見ものです。その人が本当に信頼できる人かどうか分かる瞬間です。

4 すぐに怒る、イラつく

すぐに怒る人が近くにいると、周りが困ります。何が原因で怒るか分からないためヒヤヒヤしたり、怒らないように気を遣ってあげたりする必要があるからです。デキる男性は、怒ったところで物事は良い方向に進まないということを心得ています。感情任せに怒ってもひとつも得しないのです。

5 テンションのアップダウンが激しい

感情がジェットコースターな男性には要注意です。自分をコントロールできていない証拠なのです。こういう人は、過去にしっかりと自己分析をしたことがない人。だから、何をすれば嬉しくて、どういうことが苦手なのか自分でも把握していないのです。大人というのは、しっかり自己分析して、どういう場面で自分がテンションが上がるか心得ています。これができていないということは、「本来自分が進むべき道を知らない・夢がない」などということに繋がると思います。

いかがでしたでしょうか?他にも遅刻癖がある、空気を読めない、男女で対応が変わる、言っていることがコロコロ変わる、などダメな男性の特徴は様々ですね。

最後に言えるのは、ダメな男性を製造しているのは女性の責任でもあるということ。なぜなら、ダメな男性を可愛い・守ってあげたいと思う女性がいるのは事実です。完璧な男性よりも、少し抜けている男性の方が一緒に居て「守ってあげたくなる」らしいです。男性を教育するのは女性の仕事だと割り切って、しっかり指導していくのがベストだと私は思っています。