空中タッチでデバイス操作!

「GLAMOS」はどこにでも仮想のタッチスクリーンを設置できて、遠くのデバイスを操作することが可能になるモーションセンサーだ。仮想のタッチスクリーンは空中でも壁でもホワイトボードでも、どこにでも設置できる。

仮想タッチスクリーンは自動でサイズが調整される。手が汚れていてもスクリーンをスライドできたり、遠くのデバイスを指一本で操作できたり、スマホゲームを大画面に投影して遊んだり、その使い勝手や便利さは計り知れない。

「GLAMOS」のサイズは手のひらサイズ。アプリやインストールは不要で、簡単なセットアップですぐに使える。iOS、MacOS、SmartTV用とAndroid、Windows7-10、Linux用など、さまざまなディスプレイとも互換性がある。

こんな画期的な「GLAMOS」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて先行予約受付中で、製品は2021年2月末までに届く予定だ。興味のある方は「GLAMOS」のサイトへ。
Makuake「GLAMOS」 https://www.makuake.com/project/glamos/

▼あわせて読みたい