「WS-A1」は「Amazon Alexa」、「WS-A1G」は「Googleアシスタント」を搭載

音声アシスタント2種に対応

スマートヘッドセット「WS-A1」は音声アシスタントに「Amazon Alexa」を搭載。もう1つの「WS-A1G」は「Googleアシスタント」を搭載している。

使い方は簡単。本体にタッチして、あとはいつも通りスマホやスマートスピーカーに話しかける要領でOKだ。天気やニュース、メールのチェック、スケジュール確認、ナビや案内、音楽再生など、いろんな操作を音声アシスタントが行ってくれる。

本体をタッチすれば起動するため、「アレクサ」や「OK Google」などのウェイクワードを呼ばなくてもすむ。ひとこと減るのは何気に嬉しいかもしれない。

音声や周囲音をコントロール

「WS-A1」&「WS-A1G」は、片耳3個(両耳6個)のマイクとケンウッド独自のアルゴリズムにより、便利な3つの機能が備わる。

イヤホン内マイク構造「トリプルマイクシステム」


1、騒々しい状況でも自分の声が音声アシスタントに正確に伝わる。
2、本体を装着したままでも人の声は明瞭に聞こえる。
3、本体右側のタッチタッドを上下になぞれば、周囲音の遮断(ノイズキャンセリング)と取り込みの割合がコントロールできる

また、新開発の「イヤーピロー」は耳穴にやさしくフィットする形状で、長時間快適な装着を可能にしている。

「イヤーピロー」はイヤーピース部とイヤーサポート部で構成

Bluetooth®対応のスマートフォンやタブレット、PCに収録された楽曲を手軽にワイヤレスで楽しめ、コーデックはSBCに加えて高音質のAAC、QualcommⓇaptX™ audioにも対応。

駆動時間だが、本体の内臓バッテリーで約8時間連続再生が可能(ノイズキャンセリングON時)。充電ケースによるフル充電を合わせれば、最大約24時間の長時間再生が可能だ。充電ケースは「Qi」対応のワイヤレス充電器に対応している。

充電ケースはワイヤレス充電に対応

“耳に装着するスマートデバイス”で、毎日の生活がさらに便利になりそうな予感。これは年明けの発売が待ち遠しい。詳細は製品ページURLに。

製品ページURL:https://www.kenwood.com/jp/audio/smartheadsets/products/ws-a1/

▼あわせて読みたい