「年末の大掃除は面倒だ!」「できれば掃除したくない!」これらは当たり前の感情である。きっと多くの人が年末の大掃除を避けたいはずだ。

そもそも、年末に大掃除をするという風潮は日本独自の文化であるため、「年末に大掃除をしなければならない」というルールなど存在しない。

そこで今回は、年末の大掃除をやらなくても良い理由、大掃除をやらなくても済む方法を解説する。年末の大掃除をやりたくない方は、ぜひ最後まで読んでみてほしい。

■年末の大掃除はやらなくても良い?

年越し前の年末には大掃除をするのが一般的である。「キレイな状態で年を越そう」という目的で行われる大掃除だが、この風習は実は日本特有の文化なのだ。

年末に大掃除をするのは正月の神様である「歳神様(としがみさま)」を迎えるためであり、これは日本古来の風習からきている。そのため、海外では年末に大掃除をするという概念がない。

特に欧米はクリスマス前の掃除や、「スプリング・クリーニング」と呼ばれる春に大掃除をするのが基本である。春は気温がちょうど良く、窓を開けて換気をしながら掃除できるため、気温が低い年末に掃除をするよりよっぽど合理的だ。

「日本と海外では考え方が違う!」と指摘されればそれまでだが、必ずしも日本の当たり前にとらわれる必要はないのだ。

■年末の大掃除をやらなくても済む3つの方法

海外では年末に大掃除をしないとわかっても、日本で育ってきたからには大掃除をやる義務感が湧いてくる。

それでも「面倒くさい!」と感じる方もいるだろう。そこで、年末の大掃除をやらなくても済む方法を3つ紹介しよう。

【お掃除代行サービス】

自分で掃除をするのが面倒くさいという方は、お掃除代行サービスを検討しよう。思い切って掃除を外注してしまえば、面倒な大掃除を自分でやらなくても済む。

また、お掃除代行サービスに頼むと素人では行えないエアコン内部や、頑固な汚れが付着しているキッチン周りなども掃除してくれる。とはいえ、お掃除代行サービスはそれなりの費用が必要なので、予算に合わせて掃除する場所を検討しよう。

なお、お掃除代行サービスは家事代行なども一緒に扱っていることが多いため、年末の料理や洗濯を依頼することも可能だ。この機会に一度検討してみてはいかがだろうか?

【今日から少しずつ掃除する】

掃除という行為は一気に複数箇所を手掛けるから面倒なのだ。それであれば、今日から年末にかけて少しずつ掃除をするのも1つの手だろう。

例えば、大掃除のスケジュールを細く作り、必要な掃除用具をあらかじめ揃えておく。そして、今日は玄関掃除、明日はキッチン掃除、その次は風呂周りの掃除といったように、毎日一箇所ずつ掃除を片付けていく。

毎日少しずつの掃除であれば、大掃除が苦手な方でも手軽に取り組めるはずだ。年末まである程度の期間がないと実行できない方法だが、一気に大掃除をするのが面倒な方は検討してみよう。

【大掃除の時期を遅らせる】

どうしても年末に大掃除をやりたくない方は、掃除する時期を遅らせよう。元も子もない話かもしれないが、年末に大掃除をするのは日本特有の文化であるため、大掃除の時期を少しズラしても特に問題はない。

また、年末に無理やり掃除をすることで「やりたくない」という感情が湧いてしまい、大掃除が中途半端になってしまいがちだ。

それであれば、掃除する時期を少しだけ遅らせ、余裕があるときに徹底的に掃除をするほうが合理的だといえる。年末の大掃除が面倒だと感じる方は、ぜひ大掃除の時期を遅らせることも検討してみよう。

■まとめ

本記事では、年末の大掃除をやらなくても良い理由、大掃除をやらなくても済む方法を解説した。

年末に大掃除をする風習は日本特有の文化であるため、必ずしも年末に大掃除をする必要はない。また、大掃除を誰かにお願いする方法や、一気に大掃除をしなくても良い方法があるなど、年末の大掃除を回避する方法はいくつか考えられる。

もし「年末の大掃除が億劫だ」と思っているのであれば、ぜひ本記事で紹介した方法を参考にしてみてほしい。