人間には悩みや不安がつきない。頭ではわかっていても行動できなかったり、勇気が湧かなかったりなど、さまざまな課題を抱えている。そんなときは偉人の名言・格言を聞くことで、元気や勇気をもらえるはずだ。

現在、やりたいことがあるのに精神的に挫けてしまいそうな方は、本記事で紹介する偉人の名言・格言を参考にしてみてほしい。名言を確認することで、モチベーションアップに繋がり、やりたいことの実現に一歩近づけるはずだ。

■ジョン・アダムズの名言・格言

「忍耐と辛抱強さには、困難も障害もその前には退いてしまうという不思議な働きがある」

ジョン・アダムズはアメリカ合衆国の元政治家であり、副大統領、第2代大統領を務めた。非常に前向きかつ努力家であることがこの言葉からもわかるだろう。

大抵の人間は何か挑戦をしようとしても、その大変さからすぐに諦めてしまいがちだ。また、「自分には才能がない」などの言い訳をつい考えてしまう。

しかし、ジョン・アダムズは忍耐と辛抱強さの大切さを言葉として残している。心が折れそうになったときは、ジョン・アダムズの言葉を聞いてもう一度奮い立たせよう。

また、ジョン・アダムズは「善人になるためには、善い行いをするだけだ」という言葉も残している。地道に続けることの重要性を理解できるはずだ。

■スティーブ・ジョブスの名言・格言

「時間は限られているのだから、他人の人生を生きて自分の時間を無駄に過ごしてはいけない」

Appleの共同設立者の一人として有名なスティーブ・ジョブズ。彼はさまざまな偉業を成し遂げた上で、自分の時間の大切さを言葉にしている。

この言葉を聞いてハッとする方も多いだろう。多くの方は自分の人生を生きているようで、他人に対して時間を使いすぎている。自分の時間の大切さを意識して過ごしている人はそう多くはないのだ。

しかし、スティーブ・ジョブズの言葉からわかる通り、自分の時間を大切にして過ごさなければならない。人生は一度きりで時間が限られているため、常日頃から考えて生活する必要があるだろう。

また、スティーブ・ジョブズは以下のような言葉も残している。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

この言葉からも、スティーブ・ジョブズの人生に対する考え方が見えてくるはずだ。彼がさまざまな偉業を成し遂げられたのは、もしかしたら根本にこの考え方があったからかもしれない。

■マザー・テレサの名言・格言

「小さな事に忠実でありなさい。そこにあなたの強さが宿るのですから」

「神の愛の宣教者会」の創立者であるマザー・テレサは、小さな事に対する大切さを言葉として残している。

この言葉は現代においても有効である。大きな目標を成し遂げようとする際には、地道に小さな努力を続けることが大切だとされる。マザー・テレサの言葉通りに忠実であり続ければ、その目標に一歩近づけるはずだ。

そのほか、マザー・テレサは以下のような言葉も語っている。

「あなたは、あなたであればいい」

「神様は私たちに成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ」

これらの言葉からは、マザー・テレサの心の広大さと同時に優しさが垣間見れるだろう。挑戦することに意味がある、自分であればそれだけで良いなど、言葉を聞くだけで自己肯定感を高められるはずだ。

■まとめ

本記事では、モチベーションアップに繋がるような偉人の名言・格言を3つ紹介した。

今回紹介した人物は数々の偉業を成し遂げている。何かを成し遂げた人物の言葉には深い意味が込められており、その根本にあるものは言葉からもわかる通り、物事1つひとつに対する前向きな姿勢が垣間見れる。

「何かを成し遂げたい」「また頑張りたい」と思っている方は、ぜひ本記事で紹介した名言・格言を確認してみてほしい。元気や勇気、自信がきっと湧いてくるはずだ。