圧電素子センサーとセンサー専用に開発した枕を組み合わせることで、従来のスマートフォンの加速度センサーを使った睡眠計測アプリでは計測できないデータの取得に成功。睡眠時の心拍数・呼吸数・寝返り・睡眠時間・睡眠の深さなどを計測することができる。

正確なデータ計測と枕本来の目的である快適に眠ることを両立させるため、中綿や高さ調整シートなどの5層構造で構成。厚み・形状・素材に関する施策とテストを重ね、睡眠中の身体の動きに左右されない安定した計測を実現した。

左右・中央の3か所にある調整用ポケットから、中わたを出し入れすることで細かく高さを調整でき、ウレタン製の高さ調整シートを抜き差しすると、大きく高さを変えることが可能。寝具メーカーならではの技術で、眠りの傾向を測るのと同時に、快適な寝心地も提供する。

取得したデータは、専用アプリ「Sleepace」に送信し、眠りの深さや寝返りなどをグラフで表示。ビジュアルされたデータで直感的に眠りの状態を確認することができるだけでなく、入眠やリラックス効果が期待される自然音の音楽プレイリストや、アルファ波と音楽を融合させた音楽プレイリストも再生可能だ。

一般販売予定価格は27,500円(税込)のところ、クラウドファンディングサイト「Makuake」で割引価格で提供中。プロジェクト開催期間は1月20日まで。

エムール