「今だって山に行きたい」。自分の焚き火がしたくてひとり、山へ向かう| ヒロシ