毎年、梅雨前になるとビジネスでもカジュアルでも併用できる防水シューズが各ブランドから発売されているが、今シーズンはこのモデルが早くも“当確”を予感。

フェスシーンでもたびたび目にするように、アウトドアで重宝する防水性は、すでに同ブランドがこれまで築き上げてきた信頼性に担保されるものだが、本モデルはそこかさらにビジカジスタイルに最適化された一足だ。

メンズのレザーモデルで人気を博したPALLABOSSEシリーズに、フランス本国へのリクエストで実現したウォータプルーフモデルで、黒を基調にビジネスにもカジュアルにもマッチする使用シーンを選ばない面構えになっている。

袋状にしたメンブレンで靴内を覆ったブーティ構造やサイドから水の侵入を防ぐガセットタン仕様は、これまでアウトドアシーンで活躍してきたPALLADIUMの得意分野。

それでいてトゥーキャップのないすっきりとしたシルエットは、今年の梅雨を迎えるにあたり強い味方になってくれそうな一足だ。

【製品概要】
製品名:PALLABOSSE WP+(パラボス ウォータプルーフ プラス)
価格:11,000円(税込)
サイズ:25.0〜28.0、29.0、30.0 cm
公式サイト:PALLADIUM