赤いキャップではなく、青いキャップが目印

外出自粛によりさまざまなビジネス産業が深刻な影響を受けているなか、お弁当用の調味料容器の需要も大幅にダウンしているという。また、止む終えない外出時のために、除菌アイテムを手軽に携帯したいというニーズが高まっている。

こうした背景を受け、企業の企画・PRを行うエードットと除菌液と製造・販売するクリア電子、魚型の醤油差しなど調味料容器を製造する大石屋の3社がコラボ。携帯できる魚型の除菌液が誕生した。

おなじみ“魚の醤油さし”が除菌アイテムに!「#SafeHandFish」でお弁当とともに消毒液を持ち歩く時代に?のアイキャッチ
除菌抗菌液を入れて泳ぐ魚たち

除菌液は、クリア電子が製造する100%天然素材の除菌抗菌液「クリアンスEX」。グレープフルーツの種子のみから抽出されたエキス「GSE」と精製水を混ぜただけの100%天然成分で、ウイルス、細菌類、カビに対応する。

アルコールや化学物質を使用していないため誰でも安心して使えるが、その効果は高く、ウイルスの不活化定量試験では使用後30秒後に99.8%、3時間後でも99.97%以上の効果を実証している。

クリアンスEX。一般家庭で購入できるのは45mlのボトルに入ったもの

このクリアンスEXを入れる魚型容器を製造する大石屋は、おなじみの醤油差しと区別するために、赤いキャップではなく清潔さや安全を思わせる青いキャップを採用。日本人に馴染みの深い容器に「ケータイする除菌液」としての新たな使命を与え、フードケータリングや中食業界に無償で提供し、生活者に届ける。

使い方は、食事前に取り出して気になるところをさっと拭くだけ

一般向けには販売を予定しておらず、「#SafeHandFish」のプロジェクト名称で個人の衛生管理を啓蒙していく。現在は、本プロジェクトに賛同する飲食サービス系13店舗に無償提供している。

これからは、テイクアウトフードやお弁当のフタを明けたら、青い頭の魚を見つける機会が増えそうだ。

【商品概要】
商品名(プロジェクト名):#SafeHandFish
キャンペーンサイト:#SafeHandFish