近年、1人乗りの小型モビリティが世界中で広まっており、欧米を中心に小回りが効きエコで便利なモビリティとしてさまざまなシェアリングサービスが展開されている。

しかし、日本国内で海外で流通しているモビリティを購入しても日本の保安基準上、公道を走れることはできないというのが現状だ。そこで、三重県鈴鹿に拠点を置くフヂイエンヂニアリング株式会社が、国内生産のモビリティ開発に立ち上がった。フヂイエンヂニアリング、通称・フヂエンはレース車両の製作や整備事業を本業として行ってきたが、レースを趣味にとしていた藤井社長の「車を作りたい!」という熱い思いから今回のプロジェクトが始動。電動キックボード「Sunameri」の製品化にいたった。

「Sunameri」は言わば、公道走行可能な電動のキックボード。同社が得意とする職人たちによるカーボン成形が施され、軽く強靭でしなやかなボディが特徴。また、シャーシ作りから組み立てまで、ひとつひとつ手作業で行っている。海外から輸入してきた車両に保安部品を取り付け国内メーカーが販売しているという例もあるが、これは保安基準を満たしていないものも多い。一方、「Sunameri」はフヂエンのレース車両の開発に携わってきたエンジニアが、保安基準を読み込み、運輸局に問い合わせ、日本の公道を走ることができるモビリティをゼロから開発した。

運転は簡単で、体重移動でデッキを傾けることによって曲がり、サーフィンやスノーボードをしているような感覚で疾走することができる。速度は時速30km。折り畳むことで傾向性も兼ね備えているので、屋内の持ち込み、クルマに積んでアウトドアアクティビティでの利用と、利用シーンも幅広く、自転車、スケードボードのような手軽さながら、公道を走れる次世代モビリティとして注目を集めそうだ。

【製品要】
名称: Sunameri
サイズ:W580×H1000×L1280mm
重さ:23kg
バッテリー: 48Vリチウムイオンバッテリー(Panasonic製セル使用)
最高速度: 時速50km
※公道を走る際はリミッターをかけ、時速30kmまでで走ることが可能。
予約販売:CAMPFIRE