7月1日から義務化されるプラスチックレジ袋の有料化を前に、レジ袋削減への理解を促進する目的。JR東日本、アウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)、リサイクルする仕組みづくりを行う日本環境設計の3社連携企画で、プラスチック削減に向けたエコバッグを配布する。

スノーピークがデザインを監修したエコバッグは、ペットボトルを原料にしたリサイクル素材を利用したエコ仕様。スノーピークファンやアウトドアブランド好きから早くも注目を集めている。

カラーはキャメルとカーキの2色展開で、スノーピークのロゴと日本環境設計のブランド・BRINGのロゴがあしらわれたシンプルなデザイン。エコバッグとしてはもちろん、普段使いやアウトドアシーンでも使えそうだ。

Snow Peak(スノーピーク)がデザインを監修したエコバッグ

配布店舗はNewDays、駅弁屋祭、紀ノ國屋など、プラスチックレジ袋を提供するJR東日本グループ21社の一部店舗など。店舗ごとに設定された、一定金額を購入することが配布の条件。実施店舗ではポスターやデジタルサイネージなどの掲示をし、各店舗ごとに条件を設けて計50万個を配布する。

キャンペーン限定のアイテムで、なくなり次第配布終了。気になる人は早めにゲットしよう。

【キャンペーン概要】
実施期間:2020年6月16日~順次実施
配布条件:店舗ごとに設定された一定金額の購入
配布箇所:NewDays、駅弁屋祭、紀ノ國屋等、プラスチックレジ袋を提供する、JR東日本グループ21 社の一部店舗など
詳細:JR東日本
※期間・配布条件は店舗によって異なる
※なくなり次第終了

あわせて読みたい