ハイスペック・スマートグラス「Vue Smart Glasses」は、見た目は普通のメガネだが、日常生活でも着こなせるシンプルなデザインに、高機能を備えた近未来ガジェット。

従来のスマートグラスは、高価で見た目もゴツく、ひと目でそれと分かる、スマートグラスなりの“ボリューム感”があった。しかし、「Vue Smart Glasses」は違う。テンプル(つる)やリム、レンズのスペックにいたるまで、スマートに設計され、デザインの幅が広いだけでなく、サングラスにも対応できるというから驚きだ。

肝心のスペックだが、「Vue Smart Glasses」が内臓してる主な機能は、骨伝導スピーカー、アクテビティトラッキング機能、ファインド・マイグラス機能の3つ。

骨伝導スピーカーのイヤホンなどを使用したことがある読者なら分かると思うが、骨伝導スピーカーから出力された音は、周囲の音を聞きながら音楽再生や通話が可能だ。つまり、イヤホンなどで耳を塞がずに外部からの音を聞きながら、BGMのように音声を聞き取ることができ、かつ見た目からは音声を聞いているとは分からない。

また、通話の受信や音楽の再生は、フレームをタップ・スワイプ操作し、カスタム次第でスマートフォンのカメラのシャッターをきったり、時刻を読み上げることもでできる。

ほかにも、LINEなどのメッセンジャーアプリの通知や地図アプリのナビの音声なども確認できるので、移動中や会議中、歩きながらでもストレスなく操作を楽しめるのだ。

アクテビティトラッキング機能は、「Vue Smart Glasses」装着中の移動距離や歩数、消費カロリーなどを計測し読み上げてくれる機能。ランナーでなくても日々の運動不足解消にもつながりそうだ。もちろん防水機能付きなので、スポーツシーンでも使用が可能だ。

そんなハイスペック機能を積んだ「Vue Smart Glasses」を、もし失くしてしまってもご安心を。ファインド・マイグラス機能は、スマートフォンを通して、メガネの置き場所を特定するので普段からメガネの置き場所が定まらない人も心配無用だ。

充電はワイヤレスのケース型のスタンドに格納するのことで自動で充電。音楽の連続再生は最大5時間、省エネモードで待機するだけなら1回の充電で3日間、ケースとともに持ち運べは最大7日間(充電3回分)使用することができる。

気になるデザインはスクエアタイプの「Classic」(全4色)、丸型の「Trendy」(全3色)の2タイプ。レンズオプションは、透明レンズ、ブルーライトカット、調光レンズ、カラーレンズ、偏光レンズの5タイプをラインナップ。

見た目からは、スマートグラスと分からないほどスマートなだけに、こっそりと音楽を聞いていたり、わざわざスマートフォンを取り出さずとも通話をできたり、「Vue Smart Glasses」はまさに我々がかつて想像したギミックが詰まったメガネと言えるだろう。日常生活でヘビーユースできるIoTガジェットなだけに、またひとつ便利な生活に近づけそうだ。

【商品概要】
名称:Vue Smart Glasses
デザイン:Classic、Trendy
カラー:Classic/カーボンファイバー、インクブラック、マーブルグリーン、ブラウンウッド Trendy/インクブラック、カーボンファイバー、ブラウンウッド
重さ:28g(フレームの重さのみ)
レンズオプション:透明レンズ、ブルーライトカット、調光レンズ、カラーレンズ、偏光レンズ
素材:フレーム/プラスチック、レンズ/ポリカーボネート、バッテリー/リチウムポリマー
充電ケースサイズ:170mm× 62mm×62mm
充電方法:USB-C充電

あわせて読みたい