今では“幻の器”となった「西浦焼」

「梅花文珈琲碗皿」(水月窯)。粉引きのカップ。珈琲タイムが格別なものになる。

美濃焼は岐阜県東濃地方、多治見市・土岐市などの周辺で作られる焼物の総称である。この辺りは昔から良質の陶土が豊富であった。

茶の湯が流行した安土桃山時代、茶陶として美濃で発展したのが漆黒の輝きをもつ「瀬戸黒」、朽葉色の「黄瀬戸」、優美な白の「志野」、奔放な造形と文様を施す「織部」である。

「西浦焼 釉下彩銀杏文ポット」。素地の上に直接文様を描き、釉薬をかけた焼物。日本的図柄の細密画が欧米人に好まれ、西浦焼の名は広まっていった。

明治期、世界へ進出した美濃焼がある。今では“幻の器”となった「西浦焼」(上写真)である。当時、美濃焼は生産性を高めるため、機械の導入や転写技法が採用された。窯業地として東濃は発展するが、他の産地に比べて粗悪といわれる。

これを悔しく思った多治見の豪商・五代目西浦円治は、美濃焼の名誉を挽回しようと、海外向けの品質のよい磁器をつくらせた。西浦焼である。世界の人々に愛好されたが残念ながら会社は倒産、“幻の器”となってしまった。

西浦焼商票が入ったポスター。

荒川豊蔵が開いた工房「水月窯」の登り窯

人間国宝・荒川豊蔵が開窯した工房。現在、伝統の登り窯で作るのは、次男の荒川達氏。

岐阜県多治見市虎渓山町7-14
TEL:0572-22-1990
営業時間:9:00〜17:00(要電話予約)
休業日:日曜、祝日
アクセス:JR「多治見駅」より東濃鉄道バス久々利線「虎渓山町6丁目」下車、徒歩3分

桃山陶を中心に各時代の焼物を展示「美濃焼ミュージアム」

2012年4月「岐阜県陶磁資料館」の名が変わってスタートしたミュージアム。志野・織部など桃山時代を中心に各時代の焼物150点と、人間国宝をはじめとした美濃を代表する陶芸家の作品約50点を常時展示している。

岐阜県多治見市東町1-9-27
TEL:0572-23-1191
開館時間: 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(休日の場合は翌日)、年末年始
アクセス:JR「多治見駅」より車で10分

※2013年取材

構成/アイランズ 写真提供/多治見市