キャンパーにおすすめの最新アウトドア本6選

焚き火実用書の決定版で学ぶ
『焚き火の本』

焚き火のハウツーと知識を徹底的に解説する“焚き火実用書の決定版”。焚き火の達人・猪野正哉氏による解説は初心者にもわかりやすい。1章から5章にわたり基礎知識や実践、片付けに至るまでしっかり学ぶことができる。

猪野正哉著
1980円
山と溪谷社
【Amazonで買う】

ロングセラーを再編集したDX版
『サバイバル読本DELUXE』

ロングセラー『サバイバル読本』を再編集し、新たな記事を追加したデラックス版が発売。アウトドア雑誌『Fielder』による、これ1冊で「自然界で数日間生き延びられる」術を遊びながら学べる和製アウトドアライフバイブルだ。

Fielder編集部
2178円
笠倉出版社
【Amazonで買う】

Twitterで話題のバズ料理!
『リロ氏のソロキャンレシピ』

Twitterのフォロワー34万人を超える“平成生まれのソロハンター”リロ氏による、バズ動画がレシピ本として登場した。ホットサンドメーカーだけでなんでも簡単に美味しくしてしまう「最高に頭が悪い料理」を楽しむための本。

リロ氏著
1320円
マキノ出版
【Amazonで買う】

ブッシュクラフトの究極形態!
『PRIMITIVE TECHNOLOGY
―サバイバリストのための、道具や家やいろいろなものを自然の中で作るガイド』

マッチもない、ナイフもない。森の中に身ひとつで取り残されたら生き残れるか? 現代の道具を使わず自然から得られる素材だけで、生活に必要なあらゆるものを作り上げるためのガイドブック。待望の日本語版が登場した。

ジョン・プラント著,金井哲夫訳
2618円
技術評論社
【Amazonで買う】

アウトドアメニューの参考書
『簡単シェラカップレシピ』

ソロ登山者、ソロキャンパー必見のシェラカップだけで作れるレシピ。「米を炊く・麺を茹でる・煮る・蒸す・焼く・揚げる」の基本についても詳しく解説。野外での調理を前提に、簡単に作れる美味しいレシピ集となっている。

蓮池陽子著
1540円
山と溪谷社
10月17日発売予定
【Amazonで買う】

待望のヒロシ初のキャンプ本
『ヒロシのソロキャンプ
~自分で見つけるキャンプの流儀~』

発売前に予約多数で重版が決定したヒロシ初のキャンプ本。ソロキャンプブームの火付け役が愛用する全キャンプ道具の紹介や、サイト設営、焚き火、動画撮影の極意などヒロシ流キャンプのこだわりや楽しみ方がこの1冊に集約。

ヒロシ著
1523円
学研プラス
【Amazonで買う】

▼こちらもおすすめ