最大の特徴は、チェーンレス伝動機構を採用していること。走行中にチェーンが外れてしまったり、衣服が挟まってしまったりと、チェーンに関する自転車のトラブルは多く、一度外れてしまうと直すのにかなりの時間と手間がかかる。外出先であれば尚更面倒だ。「G-force G14」にはチェーンの代わりに、車でよく使用されるシャフトドライブを搭載。漕いだ力を直接リアタイヤに伝えるため、動力伝達効率が高く、耐久性も向上。また、一般的な自転車よりも走行音が静かというメリットもある。

もうひとつ注目したいのが、自社開発した「G-driveエネルギー回収システム」。これは、自転車で走行しながらバッテリーを充電できるというシステムで、たとえば、下り坂を走る際の電動エネルギーを自動で回収し、電気エネルギーに変換して充電する、といった具合だ。ペダルを踏む力の一部やブレーキを掛ける際にもエネルギーを回収でき、その結果、フル充電で約150km前後の走行が可能だという。

一般的な電動アシスト自転車は、座席の後ろにバッテリーを搭載しているものがほとんどだが、「G-force G14」ではバッテリーをメインフレームに内蔵。そのため、スマートで安全性の高いデザインに仕上がった。バッテリーだけ取り外すor自転車に装着したまま、どちらでも充電可能。ほかにも、長時間乗っても疲れを感じにくいエアサスペンションや、素早く停止し事故を防ぐ電子制御アンチロックブレーキシステム(E-ABS)など、安全走行を重視した機能が満載だ。

販売予定価格は、195,000円。既に1,000万円以上の支援を集めており、プランによって価格や内容が異なるため、気になる人ははやめのチェックがおすすめだ。次世代の電動アシスト自転車で、日々の通勤や移動時間を快適にしよう。

【製品概要】
製品名:折畳み式電動アシスト自転車 G-force G14 (日本仕様)
原産国:Made in China
カラー:グレー、ホワイト
重さ:車体25kg,バッテリー5kg
材質:アルミ合金フレーム
電源:LGリチウムイオンバッテリー×1(48V)
充電電圧:100V~
充電時間:2~6時間
走行距離の目安:アシスト走行約150km前後
※基準測定方式での目安であり、走行状況や環境によって大きく異なる。
補助速度範囲:24km/h未満
モータ:48V/400W後輪駆動ブラシレスモーター
体重制限:110kg
適応身長:145~190cm
ブレーキ:前後ディスク、E-ABSブレーキシステム搭載
予約販売:GREEN FUNDING

▼あわせて読みたい