-196℃の液体窒素でも凍らない「ボアレスジャケット」

温かさの秘密は、NASAの宇宙服などにも用いられている断熱素材・エアロゲル。-196℃の液体窒素でも凍らないこの最強素材を独自加工した結果、厚さわずか2mmでも-40℃の環境下でバツグンの保温効果を得られるようになった。

また、保温効果をさらに高めるため、裏地をナノ銀で加工。人体が放出する熱(赤外線)を反射して外に逃がさないのだという。

防寒だけでなく、防水・耐摩擦・撥水性など、汚れや水濡れを想定したアウトドアシーンに強いのも魅力のひとつ。特に耐水圧は傘の20倍以上!急な大雨に見舞われた時も安心だ。また、難燃性に優れたアラミド繊維を採用しているため、万が一焚き火などから火の粉が飛んできても、ジャケットに穴が開く心配はない。

保温効果の高い「ボレアスジャケット」だが、対応気温は10℃から-40℃と幅広いため、真冬から春先まで長く着用できる。メンズMサイズで約725g、レディースSサイズで約660gと、冬用アウターと桁違いの軽量さも高ポイントだ。

販売予定価格は45,800円。支援のタイミングで価格が異なるほか、2着・3着セットのプランも用意されており、家族やパートナーとお揃いで着るのもいいだろう。寒さに怯えていた冬のアウトドアも、この防寒ジャケットがあれば目一杯楽しめそうだ。

【製品概要】
製品名:ボレアスジャケット
カラー:ブラック、ホワイト
表生地素材:ポリエステル + アラミド繊維
詰め物素材:2mmエアロゲル複合素材
裏地素材:ポリエステル100% + 銀コーティング生地
重量:メンズMサイズ約725g、レディースSサイズ約660g
予約販売:Makuake