菊水酒造が9月20日に発売するアルミ缶入の生原酒「ふなぐち菊水一番しぼり JR-EAST1」は、1972年の発売以来、列車内で飲む日本酒として愛されてきた「ふなぐち菊水一番しぼり」の限定デザイン缶。上越新幹線のMaxときE4系車両をモチーフに、おなじみのブルーとピンクの二階建て車両と停車駅名、各地の特産品のイラストが描かれている。

片面に東京、上野、大宮、熊谷、本庄早稲田、高崎までの駅名、もう片面に上毛高原、越後湯沢、浦佐、長岡、燕三条、新潟の駅名が入り、2缶を連結すれば上越新幹線停車駅の路線図が完成するというこだわりぶり。

先頭部分の鼻先がぐんと突き出たロングノーズと朱鷺色の愛らしいデザインで親しまれるオール二階建てのE4系車両は、2020年度までに新車のE7系への置き換わりが発表されていることもあり、鉄道ファンならずとも飲む用とコレクション用をそろえておきたいところだ。

30,000本の限定生産。新潟・東京をはじめ沿線各駅と、JR東日本エリアの駅構内ショップなどで販売。売り切れる前に手に入れてみては。