– Latest Issue 最新号 –

時空旅人別冊「孤高の画家 ゴッホ」発売中

なぜ人々はゴッホに魅了されるのか。オランダの富豪ヘレーネ・クレラー=ミュラーもゴッホに魅了されたその一人だ。ヘレーネのコレクションは、オランダのクレラー=ミュラー美術館に所蔵され、今なお世界中の人々がこれらの作品を通して、ゴッホの魅力を享受している。2021年秋、クレラー=ミュラー美術館所蔵のゴッホ作品が来日する。展覧会での鑑賞前に、ヘレーネがコレクションしたゴッホ作品と共に、ヘレーネという一人のコレクターの生涯をたどり、孤高の画家・ゴッホの真の魅力に迫りたい。

【第一特集】ヘレーネ・クレラー=ミュラーが愛したゴッホ作品10

今秋、クレラー=ミュラー美術館のファン・ゴッホの油彩画28点、素描・版画20点が来日。美術館のコレクションを築いたヘレーネ・クレラー=ミュラーとの縁の深い作品を中心に、見逃せない作品10点を詳しく解説。

【第二特集】ヘレーネの生涯と美術館の歩み

世界で2番目の規模を誇るファン・ゴッホ作品を有するクレラー=ミュラー美術館。その礎を築いたオランダ人コレクター、ヘレーネ・クレラー=ミュラーの生涯と共に、彼女の意志を受け継いできたクレラー=ミュラー美術館の歩みを紹介する。

【第三特集】手紙でたどるゴッホの生涯

画家の心情がうかがえる書簡を多く書き残したファン・ゴッホ。ゴッホ展の出品作品を中心に、手紙と共にその生涯をたどる。

【第四特集】5つのキーワードで読み解くゴッホ

「じゃがいも」「花」「ゴーギャン」「ひまわり」「赤い葡萄畑と糸杉」。ファン・ゴッホを知る上で欠かせない5つのキーワードをもとに、知っているようで意外と知らなかった画家ファン・ゴッホ像を紐解く。

【第五特集】日本の美術館でゴッホに出合う

わざわざ海外へ足を伸ばさずとも、国内でもファン・ゴッホの作品に出合える。ファン・ゴッホ作品を所蔵する国内の美術館10件を所蔵作品と共にご紹介。

日本でも絶大な人気を誇る画家の一人であるファン・ゴッホ。なぜ人は彼の絵に魅了されるのか。20世紀初頭、私たちと同じようにファン・ゴッホに魅了されたヘレーネ・クレラー=ミュラーと彼女が作った美術館の歩みを、ファン・ゴッホの生涯と共にたどる。
今週行われるれ展覧会と共に楽しみたい一冊だ。

もっと読む