自然あふれる田舎での生活には、"暮らす楽しみ"を増幅させてくれる住まいが理想的だ。時代を超えて住み継ぐ喜びのある古民家、木の恩恵にあふれるログハウス、これからの新しい住まいの形など、田舎だからこそ住みたい"粋"な家を紹介する。

家に住みたいと思う人は多いだろう。しかし、理想の物件に出会うのは容易ではない。東京・奥多摩町で築150年の古民家に暮らす鈴木里華さんは、都心から移住する際、現地で聞き込み調査をしながら空き家を探したという。

これからの新しい住まいの形「タイニーハウス」で 物質的、精神的にも ミニマルに暮らす

約20㎡以下の小さなスペース。そこに住まいとして必要な機能が収まっている家のことを「タイニーハウス」という。リーマンショック後にアメリカでムーブメントとなり、日本では東日本大震災後、注目が集まる新しい住まいの形だ。

click here 👉

土”を主材に、袋に入れて積み上げて作る 「アースバッグハウス」

近年、エコピープルを中心に注目を集めているアースバッグハウス。既存の木造建築とは異なり、最も身近な自然素材である”土”を主材に用い、袋に入れて積み上げていくというシンプルかつユニークな建構造だ。

木の呼吸を味わえる「ログハウス」で 暮らす喜び

約20㎡以下の小さなスペース。そこに住まいとして必要な機能が収まっている家のことを「タイニーハウス」という。リーマンショック後にアメリカでムーブメントとなり、日本では東日本大震災後、注目が集まる新しい住まいの形だ。