32398オンラインで学ぶビジネス英会話おすすめ6選|初心者から上級者へ

オンラインで学ぶビジネス英会話おすすめ6選|初心者から上級者へ

編集部
近年のグローバル化に伴い、どこの企業でも業務遂行に英語を使うことが当たり前のようになってきた。「ミーティングで意見を求められたら固まってしまう」「ビジネスメールで何から書いたらいいのかわからない」など、仕事上の英語課題に頭を抱える人は少なくない。

ビジネス英会話を最短ルートで身につけるポイントは、実際にビジネスの現場で日常的に英語を使っていた講師やコンサルタントからの指導を受けることだ。

本記事では、ビジネス英語に特化したスクールやサービスを選ぶ際のポイントを解説するとともに、当メディアが選んだ「ビジネス英語に強い英会話サービス6社」を紹介する。
目次

ビジネス英語ならビズメイツ

「Bizmates(ビズメイツ)」は、ビジネス特化型のオンライン英会話。初心者から上級者まで対応する多彩な教材をそろえ、グローバルに活躍するために必要なビジネススキルを学べる。

レッスンは1回25分。5時から25時まで開講しているから仕事がある平日でも無理なく学習できる。レッスン開始の5分前まで予約ができるため、急にできた空き時間などにレッスンを受けられるのも高ポイントだ。

まずは、レベルチェックもできる無料体験レッスンを受けて、現状の課題を把握することから始めよう。

無料体験をチェック

ビジネス英会話に必要なスキル

ビジネス英会話とは?

ビジネス英会話とは、海外のビジネスシーンで活躍できる人材になるための「英語を使ったコミュニケーション」のことだといえる。

日本人であれば、誰でも日本語を使うビジネス現場で活躍できるわけではなく、それと同様に、“英語が話せるから”と言って、適切なビジネス英会話ができるとは限らない。

つまり、ビジネス英会話には、英語力そのものだけでなく、それ以上に実際のビジネスの場でどんな風に英語が使われているかを理解することが求められる。

日常英会話との違い

ビジネス英会話では、日常英会話で使われる英語とは違い、「適切な言葉選び」「より丁寧な言い回し」「順序立った話の展開」「ビジネスの場にふさわしい態度やマナー」が求められる。

具体的な例を挙げると、

  • “buy”(買う)ではなく、“purchase”(購入する)と表現する
  • 短縮形を極力使用しない(“kinda” ⇒ “kind of”、“isn’t” ⇒ ”is not”)
  • 基本的にフルセンテンスで話す(主語や接続詞“that” を省略しない)
  • 丁寧な表現を使いつつも、遠回しな伝え方やあいまい表現はしない

その一方で、1つ1つの英文そのものを構成する文法ルールや文構造は、日常英会話と変わらない。また、基本的なボキャブラリー(名詞)も日常英会話と同じように必要とされる。

学習には一定水準の英語力が必要

ビジネス英会話は、単純に英語力を高めることを目的とはしていないため、学んでいくには、一定水準の英語力(基本英文法と単語力)が必要とされる。

実際に、海外の語学学校では、ビジネス英語クラスは中上級(Upper Intermediate、CEFR基準でB2)以上でなければ、受講できないケースが多く、このことからも「ビジネス英語クラスは、英語そのものを教えるクラスではない」ということがわかる。

ビジネスの場では、単語の羅列で何とか乗り切るということができないため、英文の語順ルールを決める英文法の理解と活用は必須だ。

英文法に自信のない人は、基本的な文法事項を今一度おさらいしておこう。オンライン英会話サービスを利用する場合は、先に日常英会話コースで基本文法と基礎単語を習得してから、ビジネス英会話に切り替えることも可能だ。

ビジネス英会話レッスンの選び方

ビジネス英会話レッスンを提供するスクールやサービスは、それぞれが違った特色や強み、得意とする分野を持っており、それらは受講者がサービスを選定する際のポイントとなる。

例えば、講師陣のバックグラウンドが豊富、ビジネス文書やEメールなどのライティング添削がある、ネイティブ講師が在籍している、などといったことだ。

ビジネス英会話のサービスを選定するにあたって、特にチェックしておくポイントは下記3点。

▼【ビジネス英会話】サービス選定のチェックポイント
1、目的に合ったカリキュラムが準備されているか
2、サービスの受講期間と月当たりの費用は適切か
3、講師に英語環境でのビジネス経歴があるか

どれも成果を出すためには大事なポイントなので、自分のニーズと照らし合わせながら見ていこう。

1. 目的に合ったカリキュラムが準備されているか

まず、ビジネス英会話のスクールやサービスを利用する目的を改めて確認し、具体的にどんなスキルを習得しなければならないかを明確にしよう。

▼達成したい目標や習得したいスキル
・企画のプレゼンテーションができるようになる
・グローバル会議でディスカッションができるようになる
・海外就職のための、レジュメの書き方と英語面接の対策
・海外の取引先との英語商談で結果を出す
・ビジネスメールや電話の対応ができるようになる

目標が定まったら、それを達成できるコースやカリキュラムが準備されているかどうかを見て、利用を検討するサービスを絞り込むことができる。

例えば、Eメールや企画書の作成が必要になるのであれば、ベストティーチャーのような「ライティング添削」があるサービスを選択しなければならない。

また、複数人とのディスカッションを想定しているなら、EFイングリッシュライブのような「グループレッスン」にも対応しているサービスも選択肢として入れておきたい。

複数の目標がある場合は、ビジネス英語に特化したオールインワンのレッスンが受けられるBizmatesを検討する、もしくは目標・期間ごとにサービスを切り替えていくという方法もある。

2. サービスの受講期間と月当たりの費用は適切か

ビジネス英会話を習得する目的にも関連しますが、「海外出張や英語面接が目前に迫っている人」か「キャリアアップを目指して今からコツコツと勉強を始めたい人」では、サービスを継続する期間が変わってくる。

各サービスの契約更新期間や準備されているプログラムの受講期間を確認し、合わせて月当たりの予算感も見ておこう。

例えば、オンライン英会話サービスで、ビジネス英語対応のコースを毎日受講する場合の月額相場は6,000~10,000円程度。

また、英語コーチングやパーソナルトレーニングを提供するスクールは、月当たりの費用が15~25万程度と高額になるが、その分、短期間で確実に成果を出すことができる。

>>人気オンライン英会話サービスを徹底比較!

>>社会人が大注目する「英語コーチング」とは?

3. 講師に英語環境でのビジネス経歴があるか

ビジネス英会話の場合、講師の質を見極める基準として最低限押さえておきたいのは、「ビジネス現場で英語を日常的に使っていた経歴」があるかどうかだ。

さらに、講師陣の経験職種や業界・専門分野が豊富であれば、自分に近い経験を持つ講師を選ぶことで、業界の専門用語やその職種特有のコミュニケーションを学べる。取引先の分野の知見を持つ講師であれば、商談の練習相手になってもらうということもできるだろう。

もし、海外就職や駐在の予定があり、長期滞在する国が決まっているのであれば、担当講師の国籍も選択したいところだ。

例えば、アメリカ駐在が決まったのに、フィリピン人講師とだけ話していると、いざ渡航したときに、現地で飛び交う英語のスピードや発音の癖に慣れるのに苦労するということもよくある。

また英語力以外にも、その国の文化・風習にあった話題の作り方、話の聞き方、ジェスチャーなど、現地の人の思考や行動もレッスン中に取り入れることができる。

事前に講師のバックグラウンドや職歴プロフィールをチェックするか、無料体験のレッスンやカウンセリングなどで自分のニーズに合う講師が在籍しているか問合せておこう。

ビジネス英語に強いオンライン英会話3選

まず、ビジネス英会話レッスンを提供するオンライン英会話サービスを紹介する。当メディア編集部が実際に体験レッスンを受講し、レッスン内容と講師の質の評価が特に高かったサービスを選定した。

Bizmates(ビズメイツ)

グローバル人材を目指す人のためのビジネス特化型オンライン英会話

出典:Bizmates(ビズメイツ)

Bizmates(ビズメイツ)は、「ビジネスで成果を上げる」をコンセプトにした、ビジネス特化型のオンライン英会話

30段階のレベル別教材を用意し、初心者から上級者まで段階的に学習する「Bizmates Program」や、個々の職業・職位に合わせた教材を用いる「Other Programs」など4タイプのレッスンがあり、受講者の目的・課題に応じて選択。

レッスンでは英会話の基礎やコミュニケーションスキルだけでなく、「Eメールライティング」や「オンラインチャット」などのライティング、また「文化や価値観の受け入れ方」「リーダーシップ」「信頼関係を築くための人間性」など、あらゆるビジネススキルを学べる。

「ビジネス英語を学ぶ」というよりも、グローバルビジネス研修で習得する内容を「“英語 で” 学ぶ」というイメージ。初回のレベル分けチェックでも英会話そのものよりも、英語的な考え方や英語圏のビジネスシーンを掴めているかどうかが見られるようだ。

講師は全員ビジネス経験者。さまざまな業界・職種で豊富な経験を持つ講師を集めているため、自分の業種・職種に近い講師を選択することで、実践的に使えるビジネススキルを習得することができる。グローバルな舞台で仕事をしていきたい人におすすめだ。

オプションで、日本人専任コンサルタントにレベルや課題に合わせた学習プランを立てててもらえるコーチングサービスも。月4回(1回15分)のコンサルティングや学習の進捗管理と英語力のチェックなどのサポートを受けられる。

【Bizmates】公式をチェック

料金月額制・教材費無料月額制毎日プラン
・毎日25分プラン(1レッスン):13,200円
・毎日50分プラン(2レッスン):19,800円
・毎日75分プラン(1レッスン):29,700円
・毎日100分プラン(2レッスン):39,600円
追加レッスンチケット 1枚(1レッスン)/ 1,320円

コーチングサービス
コーチング+英会話25分プラン:33,000円/月
コーチング+英会話50分プラン:39,600円/月
無料体験レッスン1回
対象レベル初級者~上級者(ビジネス英語に集中したい人)
レッスン可能時間5:00~25:00
講師の国籍フィリピン

【Bizmates】公式をチェック

産経オンライン英会話PLUS

ビジネス英会話+短期集中コーチング系プログラムあり

出典:産経オンライン英会話PLUS

産経オンライン英会話Plusは、大手新聞社の産経グループが運営していることから信頼性が高く、法人からの利用実績も多い。フィリピン人講師のほか、日本人講師やネイティブ講師も在籍。毎月付与されるコインや追加購入するコインを使って、講師を選択できる。翌月繰越制度や、家族で共有できるサブアカウント制度で無駄なく受講できるので安心だ。

ビジネス向けの教材は、ビジネスシーンで必要とされる単語やフレーズを習得していく内容で、コミュニケーション力を高めるのに最適。初級・初中級・中級・中上級の4つのレベル別になっている。

産経オンライン英会話PLUSにもコーチング系のプログラムがあり、こちらは初心者~初中級者向けの“初心者脱却プログラム”となっている。2ヶ月または3ヶ月のプログラムで、通常プランのレッスン受講(ビジネス教材も選択可能)にプラスして受講可能。すべてオンライン完結で下記がプラスされる。

  • オリジナルプランの作成
  • 週1回の進捗確認・カウンセリング
  • 質問対応無制限
  • アプリで学習進捗管理
  • 自分に合った講師リストの作成
  • レベルチェックテスト2回

さらに、最終のレベルチェックテストで成果が出ていなかった場合は、上記の進捗チェックと学習サポートを無料で1ヶ月延長してもらえる「成長実感保証」も用意している。短期間で英語力を高めたい人や英語の学習習慣をつけたい人におすすめだ。

料金月額制・教材費無料基本プラン(コイン制)
・プラン200(200コイン) / 4,620円
・プラン620(620コイン) / 6,380円
・プラン1240(1240コイン)/ 12,100円
講師種別必要コイン数
・フィリピン人講師 / 20コイン
・日本人講師 / 200コイン
・ネイティブ講師 / 200コイン
短期集中プログラム(通常プランにプラス)
・8週間(カウンセリング回数8回)/ 132,000円
・12週間(カウンセリング回数 12回)/ 165,000円
※成長実感保証(成果が出なければ1ヶ月無料延長)
無料体験レッスン4回
対象レベル初心者~上級者
レッスン可能時間5:00~23:55、24:00~24:55
講師の国籍フィリピン、日本、ネイティブ

【産経オンライン英会話PLUS】公式をチェック

EFイングリッシュライブ

ビジネスで使える実用4技能をすべて習得可能

出典:EFイングリッシュライブ

オンライン英会話を世界2,000万人以上の受講生に提供しているEFイングリッシュライブ。母体であるEF Education First は、50年以上の歴史をもつ語学教育のリーディングカンパニーで、テクノロジーを駆使した学習方法を開拓し続けている。

講師はネイティブのみで、全員が英語教授法の資格保有者だ。メインのオールインワンコースは、「月8回のマンツーマンレッスン」と「月30回のグループレッスン」で構成されている。

EFが提唱する英語学習のプロセスは、次の3ステップで構成される。

1、自己学習教材で「読む」「書く」「聞く」「話す」の英語4技能を繰り返し学ぶ。
2、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンで自己学習教材で学んだことを試す。
3、世界中から集まる受講生が参加するグループレッスンで、より実践的に英語力を磨く。

受講者のほとんどが社会人であるため、中級者以降は「会議への出席」「リーダーシップ」「問題解決」「ファイナンス」などビジネス色の強いトピックが多くなる。複合的なスキルと実践的な英会話を身に付けたい人におすすめだ。

自己学習教材にあるライティングももちろんネイティブ講師が添削する。マンツーマンレッスンを月8回に限定しているのは、ネイティブ講師のレッスンを受講者全員が確実に予約できるようにするため、また基盤となる自己学習の時間を確保させるためだ。

料金
教材費込み
オールインワンコース:8,900円
・月8回のマンツーマンレッスン(20分)
・月30回のグループレッスン(45分)
・オンライン教材、講師による英文添削が利用し放題
無料体験
レッスン
7日間
マンツーマンレッスン1回・グループレッスン3回・
オンライン教材・TOEIC&TOEFL対策コース・スマホアプリが受講可能
対象レベル初心者~上級者
レッスン可能時間24時間
講師の国籍アメリカ、イギリス、ほか英語圏

【EFイングリッシュライブ】公式をチェック

ビジネス英語に特化した英語コーチングスクール3選

英語コーチングでは、個々の受講者に専属のトレーナーやコンサルタントが付き、多くの場合は以下のようなことを行う。

  • 英語力のレベルチェックと目標設定
  • 目標達成に向けたオリジナルカリキュラム作成
  • 全体のスケジューリング
  • 日々のタスク管理
  • 学習の進捗管理
  • 週1〜2回のカウンセリング、モチベーション管理
  • 教材は市販のもの、オンライン英会話を活用
  • 定期的なパーソナルトレーニングを行うところもある

学習方法の指導だけでなく、スケジューリングやタスク管理はすべてコーチ側が行なってくれるので、受講者は毎日指示通りのメニューを実行するだけで目標を達成できるという仕組みだ。

ここからは、ビジネス英語を習得したい人におすすめの英語コーチングを紹介しよう。

トライズ

コンサルタント&コーチのWサポートで英語習得を目指す

出典:トライズ

トライズは、自己学習・レッスン・カウンセリングを合わせた英語コーチングスクール。コンサルタントとコーチが専属でつき、進捗管理とトレーニングのフルサポートで英語初心者から上級者を目指せる。プライベートレッスンは週2〜3回行われ、アウトプットの環境も万全だ。

社会人が英語を習得するのに必要な「1000時間」の学習を行う「英語コーチング本科コース」では、1日3時間の学習を1年間実施。英語初級~中級者向けで、ビジネスシーンでも通用する英会話力をつけられる。

英語上級者向けの「ビジネス英語上級コース」もあり、より高度な英語学習を行い「ビジネスで英語を自在に使えるレベル」を目指す。3ヶ月の集中特訓で英語を極めたい人におすすめだ。

通学でもオンラインでも受講可能。まずはオンラインでも受けられる無料カウンセリングで、目標に向けて何をするべきか相談してみては?

【トライズ】無料カウンセリングを受ける

受講形態通学、オンライン
受講期間3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月
入学金55,000円
コース・料金英語コーチング本科(12ヶ月)
約128万円~
※受講月数やレッスン回数などで料金が変動
ビジネス上級英語コース(3ヶ月)
676,390円
※入会後30日以内の返金保証
対象レベル初心者~上級者
教材市販教材(別途購入)
英会話レッスンコーチとのレッスン週2~3回
+グループレッスン週0~1回
+フリートークのグループレッスン受け放題
面談回数隔週1回
毎日のフォローメール週5回
無料体験
(カウンセリング)
無料カウンセリングあり

【トライズ】公式をチェック

レアジョブのスマートメソッドコース

4ヶ月でビジネススピーキング力アップ!

オンライン英会話サービス「レアジョブ」のスマートメソッドコースは、16週間(4ヶ月)の短期集中でビジネススピーキング力アップを目指すプラン。教材もビジネスに特化したものが中心で、仕事で英語が必要になった人や、スピーキング力を上げたい人におすすめだ。

レッスンは1回50分の全80回。会話量を重視したレッスンを毎日継続することで、効率よく英会話力を身に付けられる。また、週末には120分の課題に取り組み、毎週末行うテストの結果をもとに、日本人コンサルタントと学習課題の洗い出しや進捗を確認する、という流れ。

また、スピーキング力1レベルアップ成果保証があるのも魅力のひとつ。レベルアップができなかった場合は、レベルが上がるまで無償で必要なサポート・レッスンを受けられる。

受講形態オンライン
受講期間4ヶ月(16週間)
入学金
コース・料金594,000円(16週間)
※成果保証制度あり
対象レベル初心者~上級者
教材オリジナル教材
英会話レッスン50分×週5回(平日)
面談回数期間中5回
毎日のフォロー英会話レッスンや週末課題の
フィードバック
無料体験
(カウンセリング)
無料相談+レベルチェック

【レアジョブのスマートメソッドコース】公式をチェック

プログリット

ビジネス英会話を最も短期間で学べる英語コーチングスクール

出典:プログリット

プログリットは、コンサルティング特化型の英語コーチングサービス。コースはビジネス英会話コース、TOEICコース、TOEFL・IELTSコースの3種類。応用言語学や第二言語習得論における科学的知見に基づいた学習カリキュラムの設計と、専属コンサルタントによる徹底したサポートにより、短期間で飛躍的な英語力の向上を実現する。

プログリットでは、問題解決能力やコミュニケーション能力の高いコンサルタントの教育を進めており、採用要件には「TOEIC900点以上」かつ「ビジネス経験があること」がある。

つまり、ビジネスの現場で日常的に英語を使っていた人に、実戦で使える英語を身に付けるためのオリジナル学習プログラムを作成してもらえるということだ。

オンライン英会話サービスに比べると料金は高くなるが、短期間で最大限の成果を確実に得られるため、海外駐在や出張に向けて早急に英語力を向上させる必要がある 、という人におすすめだ。

受講形態通学・オンライン
受講期間2ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
入学金55,000円
コース・料金ビジネス英会話コース・初級者コース・TOEICコース
2ヶ月(8週間):380,600円
3ヶ月(12週間):544,500円
6ヶ月(24週間):1,069,200円
TOEFL / IELTSコース
3ヶ月(12週間):577,500円
6ヶ月(24週間):1,102,200円
※入会後30日以内の返金保証あり
対象レベル初心者~上級者
教材オリジナル教材・市販教材(プラン込)
※オンライン英会話サービスを行う場合は別契約が必要
英会話レッスン
面談回数週1回
毎日のフォローチャット・課題添削
無料体験
(カウンセリング)
英語力診断+専属コンサルタントによる学習法の提案

【プログリット】公式をチェック

キャリアに結びつくビジネス英会話をグローバル講師から学ぼう

今回は、ビジネス英会話を習得できるおすすめスクールとサービス6社を紹介した。

数か月後に迫る海外出張で企画プレゼンをしなければならない人、キャリアアップを目指して仕事で使える英語を少しずつ習得していきたい人、英会話サービスを利用する目的や習得したいビジネススキルはさまざまだと思う。

オンライン英会話の一般コース(日常英会話)に比べると、ビジネス英会話コースや英語コーチング系のスクールは料金が高めだが、グローバルに活躍していた経歴のある講師から英語を学ぶ価値は大きく、キャリアに結びつく成果と自信を得ることが可能だ。

ビジネス英会話を学ぶ目的を再確認し、自分のニーズに合った英会話スクール・サービスを見つけてほしい。

ビジネス英会話を学べる各サービスの料金比較表

サービス名講師の国籍料金無料体験
Bizmatesフィリピン月額13,200円
毎日25分
レッスン1回
産経オンライン
英会話PLUS
ネイティブ
フィリピン
日本
通常プラン(毎日25分)
月額6,380円

コーチング系プログラム
・8週間 / 132,000円
・12週間 / 165,000円
レッスン4回
EFイングリッシュライブネイティブ月額8,900円
8回・20分

毎日40分のグループレッスン
マンツーマンレッスン1回
グループレッスン3回
自己学習コンテンツ
トライズネイティブ
日本人
入会金:55,000円
ビジネス上級英語コース(3ヶ月)
676,390円
カウンセリング
学習プランの提案
レアジョブ
スマートメソッドコース
フィリピン
日本人
入会金:0円
16週間:594,000円
英会話力診断テスト
学習相談
プログリット日本人(専属コーチ)入会金:55,000円
英語コーチング(ビジネス英語コース)
・2ヶ月:38万600円
・3ヶ月:55万4,500円
カウンセリング1回
ヒアリング
英語力診断の実施
結果分析と提案
※価格は各サービスのビジネス英語コースが選択できるプランの金額をベースに記載。
※月あたりのレッスン回数や課金方法はサービスにより異なるので、詳細は各サービスのページをご確認ください。

時間がないけど確実に英会話を習得したいなら、“オンライン特化型”英語コーチング

スクールに通う時間はないけど、仕事で英語が必要だから短期間で確実に英語力を身につけたい!という人は、オンライン特化型の英語コーチングがおすすめ。

オンラインでコンサルタントと面談することでスクールに通うことなく学習アドバイスを受けることができる。いつでもどこでも利用でき、時間の融通が利くのも魅力だ。

通い型の英語コーチングスクールの料金相場はひと月あたり15万~25万円ほどであるのに対し、オンライン特化型の英語コーチングスクールの料金はひと月あたり5万~10万ほど。Bizmatesのコーチングサービスなら月額33,000円で受講可能だ。

そのほか、オンライン特化型でおすすめの英語コーチングスクールのはこちら。

サービス名費用ひと月あたり
フラミンゴオンラインコーチング275,000円(4ヶ月)+入学金55,000円82,500円
スピークバディパーソナルコーチング283,800円(3ヶ月)※入学金なし94,600円

無料カウンセリングでは弱点のチェックや今後の学習アドバイスがもらえるので、一度体験してみてはいかがだろうか。

\オンライン特化型の英語コーチングについて詳しくチェック/


▼おすすめオンライン英会話サービスを徹底分析!各サービスの詳細を知りたいならこちら↓

▼オンライン英会話の無料体験レッスンを実際に受講!各社のレポートまとめ記事はこちら↓

▼ビジネス英語のライティングスキルを身につけたい!おすすめの教材本・添削サービスはこちら↓

海外で暮らす 特集TOPへ

ビジネス向けオンライン英会話レッスンの選び方は?
ビジネス英会話とは、海外のビジネスシーンで活躍できる人材になるための「英語を使ったコミュニケーション」のこと。日常英会話とは違い、ビジネスで使う適切な言葉選びや言い回し、ビジネスのマナーを学ぶ必要があるため、ビジネス目的でオンライン英会話を利用する場合は、目的をハッキリさせることが大切。

ビジネス向けオンライン英会話のチェックポイント
1.目的に合ったカリキュラムが準備されているか
2.サービスの受講期間と月当たりの費用は適切か
3.講師に英語環境でのビジネス経歴があるか

まずは無料のオンライン英会話レッスンで、複数のスクールを比較して検討しよう。
無料のオンライン英会話レッスンについてはこちら
ビジネス英語が学べるオンライン英会話スクールのおすすめは?
ビジネス向けの教材があるスクールや、ビジネス経験のある講師がいるスクールを選ぼう。

ビジネス英語に強いオンライン英会話
・Bizmates(ビズメイツ)
・産経オンライン英会話PLUS
・EFイングリッシュライブ
その他のオンライン英会話についてはこちら

ビジネス英語に特化した英語コーチングスクール
・レアジョブ スマートメソッドコース
・プログリット
・トライズ
その他の英語コーチングについてはこちら

Back number

バックナンバー
More
もっと見る