68132これを読まずして死ねない…? 最終回まで胸躍らせる名作マンガ7選

これを読まずして死ねない…? 最終回まで胸躍らせる名作マンガ7選

編集部
目次

漫画の最終回は意外と記憶から抜け落ちやすい。「最終回まで読んだ気がするけど、どんな終わり方をしたっけ?」と思ったら、ぜひその漫画を読み返してほしい。前回読んだ時には気づかなかったことを発見できるかもしれないからだ。

そこで今回は、名作とその最終回について紹介する。ピックアップするのは、人気が高く連載終了が惜しまれた作品たち。改めて名作の良さを確認していこう。

【コーディネーター・青柳由貴】
年に1400時間ほどマンガ・アニメ・考察動画などに費やすオタク主婦。少年漫画、青年漫画もこよなく愛し、寝る前に10個のマンガアプリを徘徊するのが癒し。過去にはYouTubeのアニメ考察動画のシナリオも製作している。

タイガーマスク

出典:Amazon

圧倒的勝者であり、ヒーローであるタイガーマスク。世界チャンピオンとの闘いにも勝利したが、最終回ではあっけなく死亡してしまう。

どんな敵にも勝ってきたタイガーマスクがどうしてこんな最期を迎えたのか、ぜひ漫画を読んで考察してみてほしい。

うる星やつら

出典:Amazon

あたるにゾッコンのラムは、ある時ルパという男に連れ去られてしまう。ルパの策略にハマり、あたるとラムの気持ちはすれ違い、大喧嘩に発展。

なんやかんやあって、あたるがラムに好きだと言わなければバッドエンドになる……、という流れになるのだが、その過程や結末が“るーみっくわーるど”全開で面白い。

鋼の錬金術師

出典:Amazon

最終局面で主人公・エドの体を元に戻すために、自らの魂を対価として差し出して抜け殻となった弟・アル。戦いに勝ったエドはアルの魂を取り戻すため、自身の錬金術を対価にアルを蘇らせた。

長い旅を経てもすべてが元通りとはいかなかったわけだが、錬金術や対価交換の理論をうまくまとめている最終回となっている。

スラムダンク

出典:Amazon

「いいところだったのに!」という声も多かったスラムダンクの最終回。主人公・桜木花道が治療中であり、他の面々が桜木の帰りを待ちながら練習に打ち込む……、という姿を描いている。

その後の展開を読者に自由に想像させてくれる、といった点ではよかったと言えるだろう。2022年12月3日には新作映画の公開が予定されているので、今のうちに読み返しておくのもおすすめだ。

烈火の炎

出典:Amazon

最終回ではヒロイン・柳がさらわれ、死亡してしまうという衝撃の展開がくり広げられた本作。しかし、烈火は柳の魂を炎に取り込み、敵である天堂地獄を消滅させることに成功する。

ラストでは、烈火たちが日常に戻る様子が描かれ、寂しさを感じさせると共に、どこか安堵させてくれた。

金田一少年の事件簿

出典:Amazon

週刊連載を締めくくったcaseシリーズ最終回では、主人公・金田一はじめが一人旅に出る姿が描かれている。

地獄の傀儡子による犯罪計画を阻止するため、そしてこれから起こる事件を解決するため、というのが旅の目的だ。終わりのない事件簿だからこそ、この締めくくりがベストだったように思える。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

出典:Amazon

こち亀の最終回は、週刊少年ジャンプ掲載時と単行本200巻掲載時で異なるが、どちらも登場人物たちが揃ってフィナーレを迎えている。

「いままで応援してくれてありがとうな!」のセリフに連載中の思い出がよみがえり、寂しさを感じた読者も多い。

編集部からひと言

青柳さんが挙げた作品は「こんなのあったわぁ」と思うものばかりですが、意外と最後まで読んでいない漫画も数多くありました。週末の時間を使って「1巻から一気読み!」なんてのもいいですね。

男の隠れ家デジタルでは他にもたくさん“週末のお役立ち情報”を発信しています。興味があればここを参考に。

「男の隠れ家デジタル」はLINE公式アカウントを開始。名だたるキュレーターを“週末コンシェルジュ”として迎え、関東在住の男性へより充実した休日の過ごし方を提案します。毎週末、オススメ記事をまとめて配信!

・人気ラーメンYouTuber・SUSURU激推しラーメン店
・“サウナ王”太田広だからこそ知る穴場サウナ
など

魅力的なコンテンツを揃えています。登録は▼から3秒で完了! 友だち追加してください。

▼あわせて読みたい

Back number

バックナンバー
More
もっと見る