キャンプをするのに欠かせないのがランタンの存在だ。ランタンはテントやテーブルを照らす光源として、またサイト全体の雰囲気作りにも活用できる。本記事では3種類のランタンの特徴と、その用途について解説する。

優しい灯りに心温まる。ランタンの種類と特徴を知る

燃料の観点から、ランタンは3つの種類に分けられる。

LEDランタン

LEDランタンは乾電池や充電式電池によって光るもので、オンオフをスイッチによって切り替えられる手軽さが魅力だ。火を使わないため火事のリスクもない。灯りの性質上、虫が寄り付きにくいのも嬉しいポイントだ。
しかし、LEDランタンは火を使ったランタンに比べて光量が少なく、また炎ならではの温もりや雰囲気が感じられないという欠点もある。

ガソリンランタン

ガソリンランタンはホワイトガソリンを燃料としており、3種類の中でも最大の明るさを誇る。独特の燃焼音はキャンプの雰囲気を効果的に盛り上げてくれるだろう。燃焼時間が長いうえに、劣化したパーツを交換することで長期間の使用も可能になるため、費用対効果が極めて高い。また、外気温に左右されないといったパフォーマンスのよさも魅力のひとつだ。

欠点といえばマントルのセッティングやメンテナンスなど、扱いに手間がかかることだ。

ガスランタン

ガスランタンはLPガスや液化石油ガスを燃料としており、ガソリンランタンには劣るが、光量が大きい。燃料はカートリッジ式であるため交換が手軽で、初心者にも扱いやすい。また、燃料カートリッジはガスバーナーと共同で使用することが可能だ。

欠点として、外気温によって光量が左右される点や、燃料が高くコストパフォーマンスがあまりよくない点が挙げられる。また一酸化炭素中毒の危険性もあるため注意が必要だ。

用途別にランタンを使いこなす

キャンプでは様々な場所で複数のランタンを使用するが、場所によって適したランタンは異なる。

生活の拠点となるサイトを照らす「メインランタン」には、ガソリンやガスランタンを選ぶとよい。どちらも強い光を放つため、サイト全体を明るくすることができる。

テーブル周辺を照らす「テーブルランタン」にはLEDランタンやガスランタンがおすすめだ。LEDランタンには虫が寄らないため、食卓などに適している。

寝室となるテントの内部を照らす「テント内ランタン」にはLEDランタンを使おう。ガス・ガソリンは一酸化炭素中毒の危険性があるため、絶対に使用してはならない。なお、一酸化炭素を発生しないLEDランタンなら車中泊にも使用できる。

ランタン選びには燃焼時間・光量・雰囲気など様々な要素を考慮することが必要だ。魅力的なキャンプ体験のために、こだわりのランタンを探してみよう。