音楽配信や電子書籍、食べ物や酒などサブスクリプション・サービスは浸透してきた昨今。まさかの“キャンプ場”利用にもサブスクが登場したというから見逃せない。

2020年8月にモニタリングで限定50名募集した「CAMP LIFER 1st Season」は数日のうちに定員に達し、好評を博した。さらに内容を利用しやすくカスタマイズして、この度「CAMP LIFER 2nd Season」の募集が開始されたという。果たしてその内容とは……。

「CAMP LIFER」とその内容

CAMP LIFER(キャンプ ライファー)は、南信州エリアを周遊できる平日キャンプのサブスクサービス。“Lifer”という言葉には、仕事に一生をかける人という意味があるが、キャンプを人生(日常)に取り入れて楽しむ人に使ってもらいたいという想いをこめて「CAMP LIFER」という名前になったという。

ソロや仲間、家族。自然の中で身を置いて過ごす価値は、現代人には代え難いものがある。CAMPLIFERでは、これまでより長く、もしくは繰り返し、自然の中での時間を楽しむライフスタイルを提案している。

「CAMP LIFER 2nd Season」のポイント

平日の「こだまの森キャンプ場」

【その1】
ユーザーニーズに応えるため、プランを「スタンダードプラン」と「プレミアムプラン」の2つを用意。

【その2】
キャンプワーケーションを推進するため、会員限定で加盟キャンプ場すべてのワークスペースの利用料金を無料化。

【その3】
“ピークをずらして少人数で楽しむ”ため、同伴者の家族限定を解除、友人とも利用可能。

【その4】
南信州に長期滞在し”地域を巡る旅”を楽しむため、情報などのサポートも充実していく予定。

CAMP LIFER ユーザーの様子

「CAMP LIFER 2nd Season」サービス概要

・平日のソロキャンプが月額定額で使える
・7つのキャンプ場で使える
・同伴者は特別価格(+1000円/日、未就学児+500円/日)で入場可能
・キャンプ場のワークスペースが使い放題

「四徳温泉キャンプ場」のワークスペース

<スタンダードプラン>
・3ヶ月通し販売
・月額5000円(3ヶ月1万5000円)(税込)
・月あたりの上限泊数が10泊まで
・70名限定

<プレミアムプラン>
・月ごとに申し込みが可能
・月額1万円(税込)
・月あたりの上限泊数なし
・毎月7名限定

<利用期間>
2020年4月11日~7月16日(GWの4月29日〜5月8日は除外)

<加盟キャンプ場>
おおぐて湖キャンプ場(下条村)/銀河もみじキャンプ場(阿智村)/せいなの森キャンプ場(阿智村)/弓の又キャンプ場(阿智村)/四徳温泉キャンプ場(中川村)/千人塚公園キャンプ場(飯島町)/こだまの森(木祖村)

3ヶ月を以下の3つの時期に分け、スタンダードプランは上限日数の期限とし、プレミアムプランは月ごとの販売。
① 2021年4月11〜5月21日
② 2021年5月23日〜6月18日
③ 2021年6月20日〜7月16日

公式サイト:「CAMP LIFER 2nd Season」