紙にも関わらずなぜ座ることができるのか。その秘密は、衝撃分散能力に優れた「ハニカム構造」にある。立体図形を隙間なく並べることで、軽量ながら衝撃を分散でき、かつ強度もアップ。古くから建築物などで実際に使用されている構造だ。

使用する材質は丈夫なクラフト紙。表面に防水コートを施しており、万が一水などをこぼしても染み込むことはない。また、紙故に一般的な家具と比べてかなり軽量なのも特徴のひとつ。折り畳みも可能で、好きな場所に気軽に持ち運べる。

製品はスツールとカフェテーブルの2種類。形を変えることで、スツールは、オットマンやローテーブル、オブジェとして使うこともできる。カフェテーブルは、ベッドサイドテーブルや飾り棚として楽しむのもいいだろう。難しい組み立てはなく、付属の専用マットやアクリル天板を設置すればすぐに使えるのもうれしい。

販売予定価格は、ペーパースツールが11,980円、ペーパーカフェテーブルが13,980円。BOOSTERで実施中の予約販売ではスツールとカフェテーブルがセットになったプランもあるので、用途に合わせて選ぶといいだろう。どんなインテリアにも馴染む次世代のインテリア家具で、見慣れた部屋に新しい風を吹き込んでみては。

【製品概要】
製品名:ペーパースツール「十八紙」
重量:約4kg
耐荷重:約300kg
プレート素材:ブラウン…竹、ホワイト…ポリウレタン
主素材:クラフト紙
サイズ:折り畳み時…約21×29×9cm、展開時…約21×直径58cm
付属品:マット

製品名:ペーパーカフェテーブル「十八紙」
重量:約4.6kg(天板込み)
耐荷重:約50kg
プレート素材:ポリウレタン
主素材:クラフト紙
サイズ:折り畳み時…約37×28×7cm、展開時…約37×直径56cm
付属品:アクリル天板

予約販売:BOOSTER