アウトドアでのキャンプ料理は焚き火バーベキューが定番だが、より自然とたわむれるなら、太陽に調理を手伝ってもらうのはどうだろうか?

ポータブルソーラークッカー「Sunnico」

「Sunnico」は、太陽光を利用して食材の調理ができるポータブルソーラークッカー。細い筒状のチューブの中に材料を入れたら、あとは太陽にお任せ。

リフレクターが集めた光でチューブ内部を加熱させて調理する仕組みで、真空管になっているチューブが断熱材として機能するため、熱を逃さず、調理中は最大290度まで温度が上昇。生肉から調理しても約20~40分で素早く完成するという。

ムラなく均一に火を通せるので、食材をひっくり返す手間も不要。他の作業をしながらほったらかし調理もOK。燃料も電気も不要なため、燃料の調達や電源の確保を考える必要がなく高コスパ。災害時の備えとしても頼もしい。

煙がでないため、キャンプ場はもちろん、室内や自宅のベランダなど場所を選ばず使えるのも魅力。太陽さえあればスノーフィールドでも使用でき、冬も夏も同じように活躍してくれる。

本体の組み立ては簡単で、足4本をチューブ本体に接続するだけでOK。約1kgの食材を入れられるのにも関わらず、本体重量は約1.5kgと片手で運べる重さなのも高ポイント。組み立て後でも62×20×40cmとコンパクトサイズで、省スペースで調理を楽しめる。

販売予定価格は18,880円。現在、GREEN FUNDINGで特別価格の予約販売を受付中。太陽との共同作業でつくるキャンプ飯の味はまた格別。いろんな食材でソーラークッキングをお試しあれ。

【製品概要】
製品名:Sunnico
バッグサイズ:66×19×19cm
組み立てサイズ:62×20×40cm
チューブ容量:1.5L(約1kg食材)
リフレクター:50×35cm
重量:1.5kg
チューブ焼き温度:150~290度
予約販売:GREEN FUNDING