71102「竈門炭治郎」「碇シンジ」悲惨な生き様からヒントを得る! アニメ主人公5選

「竈門炭治郎」「碇シンジ」悲惨な生き様からヒントを得る! アニメ主人公5選

WAB TATE
目次

アニメや漫画の主人公は作中で活躍し、幸せな結末を迎えることが多い。しかし、なかには戦闘に巻き込まれて被害を受けたり、思い通りの結末にならなかったりと、不幸な目にあう主人公もおり、必ずしも幸せになれるというわけではないのだ。

今回は、悲惨すぎる役回りのアニメ主人公を5人紹介する。彼らの必死に生きる姿や、「もっと良いやり方があったのでは?」と思える生き様から、明日を生きるヒントを得てもらいたい。

■1.竈門炭治郎

出典:Amazon

1人目に紹介する主人公は、『鬼滅の刃』でお馴染みの竈門炭治郎だ。竈門炭治郎は母親・兄弟たちと仲良く暮らす平凡な青年であったが、ある日突然家族を皆殺しにされてしまう。

妹1人だけは何とか生き残ったものの、本作品の宿敵である鬼舞辻無惨によって鬼に変えられてしまい、家族の復讐と妹を人間に戻すため、鬼退治という茨の道を歩むことになる。

アニメ1話から悲惨な出来事が起こるので、ファンたちは「炭治郎がかわいそう」「一話から泣ける」など、悲惨すぎる主人公に同情する意見が寄せられている。

■2.碇シンジ

出典:Amazon

『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公である碇シンジも、悲惨すぎる役回りを強いられてしまう。碇シンジの家庭はそもそも複雑で、物語が始まったときには父親しか実の家族がいない。

それなのにも関わらず、父親に命令されてエヴァンゲリオンという謎の人造人間に乗せられ、驚異的な力を持つ使徒との戦いを強要されてしまう。悲惨な出来事はそれだけでなく、友人がひどい目に合ったり、親友を自ら握りつぶしたりなど、碇シンジは物語が進むにつれて散々な目に遭う。

新劇場版では一応ハッピーエンドとなったが、テレビアニメ版ではハッピーエンドとは程遠い結末をたどってしまう。

▼あわせて読みたい

■3.ヘンリエッタ

出典:Amazon

続いて紹介するのは、『GUNSLINGER GIRL』に登場するヘンリエッタという少女だ。当時は7人家族で何不自由なく暮らしていたが、ある日連続殺人犯によって家族全員が殺されてしまう。

主人公は暴行を受け、片目と右手、左脚を失うものの、なんとか一命を取り留める。その後は政府機関に引き取られ、義体と呼ばれる機械の体に変えられてしまう。そして、「条件付け」という洗脳が行われた上で、テロ組織と戦う殺し屋として任務を全うすることとなる。

悲惨すぎる運命をたどった主人公であり、救いようがない主人公の姿を見てファンたちは、「悲しすぎる」「それでも頑張る彼女の姿に泣ける」などの言葉を寄せている。

■4.清太

出典:Amazon

清太は『火垂るの墓』に登場する14歳の青年だ。妹思いの優しい性格で、4歳の節子と行動を共にする。幼い妹を守りながら、必死に生きようとする清太の姿が印象的だ。

なんとか兄妹協力して生活をするのだが、最終的には妹の節子が息を引き取り、その後に主人公である清太も三ノ宮駅構内で力尽きてしまう。

悲惨な結末を迎える清太だが、一部ファンの間では「なぜ働かなかったのか?」「清太はクズ」など、主人公の清太を非難する声があがっている。

■5.エレン・イェーガー

出典:Amazon

5人目に紹介するのは、『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガーだ。シガンシナ区という地域で生まれたエレンは、恵まれた環境で両親と比較的豊かな生活をしていた。

しかし、突如現れた超大型巨人に襲われ、エレンの自宅は甚大な被害を受けてしまう。そして巨人の圧倒的な力によって、目の前で母親を失い、その後に自らの手で父親を葬ってしまう。

幼くして両親を失ったエレンは「巨人を駆逐する」という目標を掲げ、さまざまな力を身につけていくが、ハッピーエンドとは言えない最後を迎えることとなる。

■まとめ

本記事では、悲惨すぎる役回りのアニメ主人公を5人紹介した。あなたにとって、興味深い主人公はいただろうか?

幸せな結末を迎える主人公が大多数だが、なかには今回紹介したような悲惨な役回りを強いられる主人公も存在する。ただ、もしかしたら主人公が悲惨な役回りをしているからこそ、その作品に目新しい面白さが生まれているのかもしれない。

本記事で興味深い主人公を見つけた人は、その作品をぜひ一度視聴してみてほしい。斬新な面白さを体感することができるはずだ。

「男の隠れ家デジタル」はLINE公式アカウントを開始。名だたるキュレーターを“週末コンシェルジュ”として迎え、関東在住の男性へより充実した休日の過ごし方を提案します。毎週末、オススメ記事をまとめて配信!

・人気ラーメンYouTuber・SUSURU激推しラーメン店
・“サウナ王”太田広だからこそ知る穴場サウナ
など

魅力的なコンテンツを揃えています。登録はこちらから3秒で完了! 友だち追加してください。

▼あわせて読みたい

Back number

バックナンバー
More
もっと見る