この部屋のテーブルは高めで、椅子もバーチェアにしている。まるでバーカウンターで呑んでいるかのような演出にtaroさんのこだわりとセンスが光る。

テーブルを高くして椅子はバーチェアに。バーカウンターで呑む雰囲気を演出。

このスペースを造った理由は、これらの趣味のものを自宅の内観を損ねることなく配置したかったこと、そしてゆっくり酒を呑みながら音楽を聴いたりギターを弾きたかったからだと話す。

ギターをつま弾きながら、ウイスキーのグラスを揺らすひと時。また、映画やミュージックビデオを観ながらのひとり家呑みも、この場所ならではの愉しみだ。

デスクトップのパソコンは、主に映画やミュージックビデオを観るためのツールとして活躍。テーブルの下にはマーシャルやVOXのアンプが置かれている。

「お酒はバーボンやスコッチなどが好みです。楽器やオモチャなど、自分の好きなものに囲まれてゆっくりと酒を呑むのは、まさに至福の時間ですね」

酒はバーボンなどウイスキーがお気に入り。酒肴もそれに合うようものをチョイス。今日はベーコンやハムなどをワイルドにカットして炒めたもの。
氷のカラカラという音も心地よい。夜の静けさが深まる時間、ひとり呑みは続く。

仕事の疲れも完全リセット。ちなみに床を上げて2段のステップ(階段)を付けて境界にし、屋根裏部屋のような雰囲気にしている造りは、家族の話し声や生活音を遮断したくなかったため。あえて扉は設置しなかったが、ステップのおかげでほどよい距離感と共に籠もり感も実現できたという。

ギブソンやフェンダー、マーチンなど8本のギターやベースを壁にレイアウト。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.好きなモノ、趣味のモノに囲まれる。
2.照明の明るさを調整できるようにした。
3.ある程度の囲われ感で自分時間を作る。

メタル系フィギアやアメ車のダイキャストカーなど、棚には大人少年の気分を満足させてくれるオモチャのコレクションがずらり。
眺めているだけでも幸せな気分へと誘われるお気に入りアイテムが、ズラリと並ぶ。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
音楽を聴きながら、ギターを演奏しながら、酒を気軽にエンジョイする。ここはひとり家呑み専用の屋根裏部屋だとも言えますね。

文/岩谷雪美