ひとり家呑みにはシチュエーションが大事なので酒器なども好みのモノを使う。

ただしそのシチュエーションが重要なのだと言い、ひとり家呑みエリアにはできる限り“こだわり”を詰め込んだと話す。

カウンターの高さ、そしてバーにあるようなスツールを配置することで雰囲気は一変する。

「カウンターはバーをイメージして高めに造って、実際に酒を呑む時には照明も落として、さらにバーのイメージに近づけました」

ひとり家呑みの気分を高めるには、このカウンターの高さが重要で、これによってキッチンのカウンターのようにならず、落ち着いて好きな焼酎を気分良く呑めるという。「時にはバーテンダー(奥さん)と対面して酒肴が出てくることもありますよ(笑)」。

家で呑むと落ち着くというYさん。

『ひとり家呑み部屋』造りのコツ
1.カウンターを高めに造った。
2.カウンターチェアも高めにした。
3.周囲の空間もバーのように演出。

一般的なキッチンカウンターよりも幅広で、呑む時はもちろん、普段の食事にも大活躍。

【Owner’s voice ひとり家呑みSTYLE】
今後は、カウンターの上に吊り棚を造って酒のボトルを飾り、雰囲気をさらにアップさせたいです。

撮影◎広井一成

こちらもおすすめ▶開放感のある畳のスペースでルアーを眺めながら酒を愉しむ〈埼玉県 小林邸〉