旨さの秘密は九州産若鶏と門外不出の秘伝ダレ

ひと口に「中津からあげ」といっても、それぞれの店の味は千差万別。ひとつとして同じ味の店はない。そうしたなかで鳥しんが評価される理由は“とにかく美味しい”から。品質の高い九州産の若鶏にこだわり、フルーツやニンニク、ショウガ、スパイスなどで作り上げた醤油ベースの秘伝ダレをもみ込んだからあげは、旨味とコクが違う。

「“冷めても美味しい”が常連のお客様から最もいただく褒め言葉です」と店主の角信一さん。この極上のからあげを酒肴に、ビールグラスを傾ける至極の時を味わってほしい。

凍ったまま、ラップをかけず にレンジでチン。これだけでも十分美味しいが、この後オ ーブントースターで2分ほど焼くとさらに美味しくなる。

からあげの鳥しん

中津に生まれ、子どもの頃から中津からあげが大好きだった店主の角 信一さん。29歳の創業時、店のスペースはわずか8坪だった。それから20年、自分を信じて味の改良を重ね、いつしか舌の肥えた地元の人からも認められ、愛されるように。今や店舗も広々としたものになった。

あわせて読みたい
クラフトビールとは?他のビールとの違いや代表3種類を徹底解説
味わい深い。エールビールとは? 日本人におなじみのラガービールとの違い