キタムラサキウニの稚ウニを1cmまで育てた後、北三陸の海に放流。3年目からは「うに牧場」でたっぷり昆布を食べさせる。

最後にわずかな塩だけで仕上げた、極上塩ウニだ。日本酒の酒肴としても、白身魚の刺身に添えても美味しい。

わずかなウニを口に入れただけで、すっきりとした上品な味わいが口中に広がる。

ひろの屋

品質の良い昆布が生い茂る洋野町の海熟練の職人が手作業で丁寧にウニを加工。水揚げされたウニはトゲに覆われた固い殻の中で極上のウニが育つ。

文/阿部文枝

あわせて読みたい
日本酒の効能とは? 健康への効果や体にいい飲み方。3つのメリット