「1年余分に育てることによって別格のトラフグに成長。美味しさも倍増します」と前田若男さん。

鳴門海峡の荒海で3年間育てられ出荷されるトラフグ。旨味と甘みが断然違う。

淡路島の自家漁場でグレードの高い魚粉をはじめ、淡路島産イカナゴなど豊富な餌を与えてじっくり育てると、フグの甘みが違い、日本酒に最高の相性になる。

若男水産

淡路島にある自家漁場で水揚げされるトラフグは1年目、2年目、3年目と大きく成長していき、旨さも増していく。自慢のトラフグを持つ前田若男さん。

文◎阿部文枝