青首かぶらに、塩漬した日本近海の天然ブリを挟み、特製の糀に漬け込む。そうすることで青首かぶらの甘み、熟成させた寒ブリの深い味わいが増す。

「専用糀の優しく豊かな風味が織り成すハーモニーをお愉しみください」と四十万谷正和さん。これぞ日本酒の酒肴だ。

夏向けの糀を使用して、まろやかな甘みとすっきりとした味わいに仕上げている。コンピューター制御による温度管理で夏でも美味しい。

四十萬谷本舗

青首かぶらは自社農園や契約農家で栽培。丁寧に手作りで漬け込む。老舗らしい重厚な店構え。地元の文化に根ざした発酵食品を作り続ける。

文◎阿部文枝

あわせて読みたい
日本酒の効能とは? 健康への効果や体にいい飲み方。3つのメリット