少し多めに口に入れ、噛んだ後にしばらく舌に絡ませてからビールと一緒に喉に流し込むのがお勧めの味わい方だ。

あわせて読みたい
クラフトビールとは?他のビールとの違いや代表3種類を徹底解説
味わい深い。エールビールとは? 日本人におなじみのラガービールとの違い