35304缶詰の概念を変える逸品「四万十ポークとゴボウの甘辛煮」<高知県・黒潮町缶詰>|そのまま食べられる!酒肴缶詰セレクション

缶詰の概念を変える逸品「四万十ポークとゴボウの甘辛煮」<高知県・黒潮町缶詰>|そのまま食べられる!酒肴缶詰セレクション

編集部
高知県の地場産業として設立された黒潮町缶詰製作所は、シェフや栄養士の監修のもと、缶詰ならではの美味しさにこだわっている。高知県産のブランド豚を使用した「四万十ポークとゴボウの甘辛煮」は肉の旨味を強く感じられ、酒が進むこと間違いなしだ。

ブランド豚の四万十ポークを使用し、ゴボウの香りと黒糖の甘みで味付けた。餌にこだわり通常の豚より1カ月長く飼育される四万十ポークは繊細な肉質で旨味が強いのが特徴。甘辛く味付さられた豚肉とゴボウの食感が絶妙で、あと1品酒肴が欲しい時に大活躍する。

こちらもおすすめ▶燻製の香りがふわっと広がる「おいしい缶詰 大人のプレミアムコンビーフ」<東京都・明治屋>

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る