日本国内でもきちんと動く車両はもう200台くらいではないかと、大久保さん。
テール周りのUFO風デザインは、あの時代にはやはり近未来的で衝撃だった。
ダッシュボード周りもオリジナルに保たれており、ウッドステアリングも健在だ。

そして昭和43年(1968)、20歳の時にコスモを新車で手に入れて以来、50年乗り続けてきた。「人生を共に歩んできた奥さんよりも長い付き合い」と笑う。

だが、それだけの年数を経過したクルマだけに、エンジン関係のパーツ入手がとても大変だという。エンジンのハウジングパーツなどはもう手に入らないようで、海外や全国に広がるクラブメンバーからの情報収集は欠かせないそうだ。

現在はショーやイベントなどに出す以外はガレージで眠らせているのだが、新車からのワンオーナーで残っているクルマは希少な宝物といっていい。

日本で最初のローターリーエンジン10A、部品入手が困難になりつつある。
コスモは羨望の的だった。

マツダ コスモスポーツ

マツダ コスモスポーツ

マツダが1967年から72年まで製造・発売した世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載したクルマ。累計で1176台販売された。