例えば「LANCIA DELTA S4」や“デイトナ”の愛称を持つ「Ferrari 365GTB/4」などは、それぞれカーレースで歴史を彩った名車たちである。レースだけでなく純国産車として製造された「TOYOPET Crown」など、展示されているクルマそれぞれのストーリーがわかるので、一層クラシックカーへの愛着が湧いてくる。

スタッフお勧め「TOYOTA 2000GT」

昭和42年(1967)に、日本初の本格的なスポーツカーとして開発された「TOYOTA 2000GT」もヒストリックカーのひとつ。

▶︎こちらもおすすめ「懐かしの名車が揃い踏み。ノスタルジーにひたる「九州自動車歴史館」(大分県由布市)|一度は訪ねておきたいクラシックカー博物館」