リアクオーター形状が独特でカッコ良い。

黒沢さんがチェリーX1Rを所有して約30年になるという。以前は日産のスカイラインGT-Rに乗っていた黒沢さん。「女性のワンオーナーで痛みも少なかったのが購入の決め手でしたね」。また、小さくて燃費も良いところが気に入っており休日には軽井沢や日光へのドライブを楽しんでいるという。

この個性的なテールランプが黒沢さんのお気に入りもひとつになっている。

このクルマでイベントに参加することが増えたことから、クルマ好きの仲間も増え、それが所有する上での喜びのひとつになっているのだそうだ。

1970年に発売されたチェリーX1Rは、コンパクトなボディの中にサニーと同じA型エンジンを搭載している。よく回るエンジンは、黒沢さんの楽しいドライブライフを彩っている。発売当初はツーリングカーレースの主役でもあった。

▶︎こちらもおすすめ「クラシックカーまとめ(国産名車12選)」