リノベーションで叶えた、念願のミニワークルーム。限られたスペースを工夫して確保した空間は熟考した上で、この独特のカタチに落ち着いた。

作業時はリビングと離れてひとりの部屋となる

壁には仕事道具を掛けたり、好きなアート作品を飾ったりと、なにかと便利な有孔ボードを設置。このワークスペースは「特別な空間になりました」とSさん。

玄関回りの使い勝手などを考えた上で、台形の空間を持つ独特のカタチに落ち着いたという。

【秘密基地造りのPOINT】
1.玄関脇の限られたスペースに設置。
2.落ち着いて作業ができる手頃な狭さ。
3.有孔ボードには好きな絵を飾れる。

写真/広井一成(H2studio)