【1】死に部屋はNO。N.YのSOHOをイメージして、レンガタイルで彩った小さな書斎〈神奈川県 H.A邸〉|小さな秘密基地の造り方

独立した個室にした場合、寂しがりの性格上あまり利用しない“死に部屋”となるのが目に見えていた。そこで、リビングとひと続きとなる秘密基地にしたと語るH.Aさん。

【2】わずか110cm四方の小さな書斎。でも癒される自分スペース〈神奈川県 I.N邸〉|小さな秘密基地の造り方

玄関の扉を開けるとまず目に飛び込んでくるのが、小さな窓ガラス越しに見える書斎スペース。扉はなく、廊下からそのまま繋がっているため、帰宅後すぐに座ってひと息つける空間になっている。

【3】へリンボーン模様のパーティションが彩る夫婦共用のミニ書斎兼趣味部屋〈東京都 安田邸〉|小さな秘密基地の造り方

ヘリンボーン模様のアクセントウォールを設置して作った、夫婦のミニ書斎&趣味の部屋。自由な発想を活かした個性豊かな秘密基地を紹介しよう。

【4】ロフトと書斎を造りたい。両方を叶えた狭小空間の使い方〈大阪府 佐藤邸〉|小さな秘密基地の造り方

廊下の一角の2帖ほどのスペースに作ったミニ書斎。こもり感のある居心地の良い空間は、とっておきの秘密基地だ。

【5】押し入れをリノベーション。こもり感がある、使い勝手のいい狭小型ワークスペースに〈大阪府 若山邸〉|小さな秘密基地の造り方

1間分の押し入れに過ぎなかった、まさに狭小空間といえるスペースをリフォームし、念願のワークスペースを手に入れた若山さん。

【6】こもり感たっぷり。1階と2階に目が行き渡る、階段踊り場にある書斎〈北海道 安藤邸〉|小さな秘密基地の造り方

「コクーン建築設計」代表で一級建築士・安藤さん宅の小さな書斎。階段横に設えられたこもり感たっぷりの空間は、なんとも居心地が良さそうな秘密基地だ。