使い勝手の良さを考え常に進化し続ける住まい

テレビや雑誌などをはじめ、様々なメディアで整理収納コンサルタントとして活躍する瀧本真奈美さん。整理収納教育士やルームスタイリスト1級、お片づけ遊び指導認定講師と、暮らしにまつわる多くの資格を持つ。

収納やインテリアなど、誰もが抱える暮らしにまつわる悩みをDIYやリメイク、収納術で解決してきた。そんな多忙な日々を送る瀧本さんがDIYを始めたのは二人の子どもが結婚し、旦那さんとの二人暮らしがスタートしたのがきっかけだ。

「節約目的で、100円均一で購入した商品のリメイクをブログで紹介し始めました。家の中をDIYすることは家の中で出来る趣味。やり方次第によってオリジナル感を出せるし、コストも削減できます」

独自に考案した、『BRIWAX』という塗料を使ってサビを作るアンティーク加工が注目され、DIYの魅力を伝える活動が増えたという瀧本さん。現在は店舗や一般家庭のインテリアのアドバイスも行う瀧本さんだが、多忙な中でも自宅のインテリアで大切にしているのは、“使い勝手”と“インテリア性”だという。

「自宅のインテリアは、これまでナチュラルや男前、ナチュラルアンティークと変遷してきました。最近は暮らしやすさと居心地の良さを考えた〝すっきり北欧ナチュラル〟を目指しています」と話す。夫婦二人の暮らしには極力物を置かず、生活感を感じさせないすっきりとした空間造りを心がけている。

そして将来好みが変わっても慌てないよう、なるべく原状回復できるスタイルを大切にしている。例えばリビングにも原状回復可能な壁紙やウォールステッカーを使用。インテリアに溶け込むテーブルをDIYし、肩の力を抜いて寛げる癒しの空間が広がる。

簡単で楽しく、ローコストをモットーに、より良い住まい方を求めて、瀧本さんのDIYライフはこれからも続いていく。