55928シーシャとは? 3つの魅力と正しい吸い方のコツを詳しく紹介!

シーシャとは? 3つの魅力と正しい吸い方のコツを詳しく紹介!

編集部
目次

■はじめに

アンダーグラウンドなイメージが定着していたシーシャだが、最近はSNSで話題になることが多く、愛好家と専門店が右肩上がりで増え続けている。

別名「水タバコ」とも呼ばれるシーシャだが、名前を聞いたことはあるが詳しくは知らないという方が多いだろう。専門店が増えているとはいえ気軽に入るにはまだ敷居が高く、興味はあるけど前へ踏み出すことができず躊躇しているという方も少なくないはずだ。

そこで本記事では、シーシャの仕組みや魅力、正しい吸い方や楽しみ方について詳しく紹介していく。シーシャはタバコ愛好家はもちろんだが非喫煙者にも親しまれているため、少しでも興味がある方はぜひ最後までご覧いただきたい。

■シーシャとは

シーシャとは

諸説あるものの、シーシャの発祥は中近東のイスラム圏であるとされている。

見たことがある方も多いと思うが、シーシャは専用の器具を使いながら、煙を水のフィルターに通して吸うという独特な喫煙スタイルである。紙タバコや電子タバコとは吸い方が大きく異なるため、専門店へ来店して喫煙するのが一般的だ。

日本で注目され始めたのは2016年頃からで、健康志向の高まりにより喫煙者が減少したことが人気に火が付いた一つの要因であるとされている。

・仕組み

はじめに、シーシャの仕組みから説明していこう。冒頭でも説明した通り、シーシャは別名「水タバコ」とも呼ばれる喫煙具の一種である。

よくシーシャにはニコチンが含まれていないという声を耳にするが、実はこれは間違い。タバコ葉に果実や香料を混ぜ入れたフレーバーを熱するため、ニコチンフリーのフレーバーもあるが、一般的にはニコチンは含まれていると考えていただきたい。

しかし、シーシャのフレーバーは甘くてフルーティーなものが多いため、ニコチンが含まれているにも関わらずタバコ感がなく煙が苦手な方でも楽しめるのだ。

シーシャを吸うために使う専用の器具は複数のパーツに分かれており、以下の仕組みで煙が出るようになっている。

  1. シーシャ本体の一番上にあるクレイトップにタバコ葉とフレーバーを入れる
  2. アルミで蓋をした上に加熱した炭をのせて温める
  3. 温めて発生した煙が中央のパイプを通りボトルの中の水へ送られる
  4. 送られてきた煙が気泡となり上へ昇る
  5. 上に溜まった煙をホースで吸い込みシーシャを楽しむ

パイプの中でプクプクと気泡になっている風味がついた煙を吸って楽しむ。これがザックリとしたシーシャの仕組みである。

・吸える年齢は20歳から

シーシャは基本的にタバコ葉を使用しているため、日本では20歳未満の使用が禁止されている。専門店でも年齢制限を設けているところが多いため、ニコチンが含まれていないシーシャを楽しみたい方でも20歳までは我慢するのが無難だ。

日本の法律ではタバコを吸えるのが20歳からなので、タバコ葉が使用されているシーシャを吸えないというのは理解できるだろう。

それでは、ノンニコチンのフレーバーを使用しているシーシャであれば未成年でも吸うことができるのだろうか。残念ながら、仮にニコチンが含まれていないシーシャでも、日本では20歳になるまでは吸うことが禁じられている。

海外では18歳から喫煙ができる国もあるため、そういった国であればシーシャを楽しむことができる。しかし日本では、20歳になるまではいかなるシーシャでも禁止だ。

専門店では身分証明書の提示が義務付けられている場合が多いため、こっそり隠れて来店することもできない。おとなしく20歳になるまではシーシャは我慢しよう。

・合法?違法性について

結論からいえば、シーシャに違法性はまったくない。

日本の法律で許可されている水タバコなので、仮に公衆の面前で堂々と吸っても捕まることは100%ないため安心してほしい。

シーシャの法律上の扱いは、コンビニなどで販売されている紙タバコと同じだ。つまり、20歳以上であれば誰でも吸うことが可能なのだ。

なんとなく雰囲気がアンダーグラウンドであり、薄暗い店内で楽しんでいる人が多いイメージなので違法性について懐疑的な方も多いが、合法なので安心して楽しんでほしい。

・体に悪い?透過されているため害は少ない

紙タバコの健康被害について高い注目を集めている昨今なので、シーシャを吸いたいと考えている方のなかにも、体に悪影響なのではないかと考えている方は少なくないはずだ。

結論からいえば、シーシャは基本的にタバコ葉を使用しているため、完全に健康被害がないとは断言できない。程度の差はあるがニコチンやタールも含まれているため、タバコと同様の健康被害が考えられるともいえるだろう。

しかし、シーシャは普通のタバコよりも煙の量が少ない。また、紙タバコのように直接吸うのではなく、一度水に潜らせて有害物質をろ過しているため、普通のタバコよりは健康被害のリスクが小さいことは間違いない。

とはいえ、体に悪くないかといわれればそうではないため、どうしても気になるという方はノンニコチンのフレーバーを使ったり、肺に入れる煙の量を少なくするなどの対策を取ることをおすすめする。

・紙タバコとの違い

シーシャは紙タバコに比べて、味と香りがマイルドで吸いやすくなっている

味と香りだけではなく、シーシャと紙タバコでは吸い方がまるで違う。紙タバコは火を付けて直接吸うが、シーシャは煙を水に潜らせてホースを吸い込む仕組みだ。

また、水を潜らせて有害物質をろ過することで、シーシャは紙タバコよりも健康への被害が少ないとされている。

健康への被害が少なく、フルーティーで甘い味と香りが楽しめるフレーバーが多いため、近年では男性だけではなく女性の愛好家も増えているのだ。

・フレーバーの種類

シーシャを語るうえで、フレーバーは避けては通れない重要な役割を担っている。

フレーバーの種類は、リンゴやイチゴといったフルーティーなものから、スパイスや花といったスパイシーなものまでさまざま。王道のフルーツ系からハーブ系までバリエーションも多種多様なので、その日の気分に合わせて自由に選ぶことができる。

中には、100種類以上のフレーバーを常設している専門店も珍しくはない。種類が豊富でフレーバーを変えるだけであらゆる味と香りが楽しめるため、自分なりのカスタマイズでオリジナルの喫煙スタイルを見つけるという楽しみ方もおすすめだ。

■シーシャの魅力

シーシャとは

愛好家と専門店が増え続けているシーシャにはどのような魅力があるのだろうか。ここからは、従来のタバコにはないシーシャだけの魅力を紹介していく。

・リラックス効果がある

シーシャには高いリラックス効果がある。

その理由は、甘くてマイルドな味と香りを楽しめるからだ。前述したようにシーシャにはさまざまなフレーバーがあるため、店内の心地よい雰囲気の中で甘い香りと味を楽しむことで、心と体をゆっくりとリラックスできる

甘い味と香りだけではなく、シーシャはゆっくりと吸い込みゆっくりと吐くため、自然と深呼吸と同じ要領で息を吸い込んでいることになる。おいしい煙に包まれながら、ゆっくりとした一時を過ごすことができるだろう。

・初心者でもタバコが嫌いな人でも楽しめる

初心者でもタバコが苦手な人でもシーシャは気軽に楽しむことができる。

シーシャの専門店は東京都内を中心にさまざまな場所でオープンしている。初心者の方は入りにくいかもしれないが、事前に初来店で何もわからないことを店員さんに伝えておけば、丁寧に吸い方やおすすめのフレーバーを教えてくれるため安心だ。

また、シーシャにはタバコ葉が含まれているのが一般的ではあるが、中にはタバコ葉が含まれていないニコチンフリーのフレーバーも用意されている。

タバコが苦手な人でも気軽に吸える電子シーシャを完備している店舗もあるため、初心者でもタバコが嫌いな方でも、誰でも楽しめるのがシーシャの大きな魅力なのである。

・コミュニケーションの場として使える

シーシャを吸う空間は上質なコミュニケーション空間にもなる。

シーシャは自宅でも吸うことができるが、専用の器具、炭、フレーバーを用意しなければいけないため、最初は専門店で吸うことを推奨する。専門店であればシーシャと共に美味しいお酒を堪能できるため、落ち着いた店内を上質なコミュニケーションの場としても活用できるのだ。

タバコ特有の独特な煙臭さはシーシャにはないため、店内はフルーティーな香りが漂う落ち着いた空間になっている。デートや記念日、会食終わりの二次会でもシーシャ専門店は利用可能だ。

■シーシャの正しい吸い方

シーシャとは

最後に、シーシャの正しい吸い方のコツを紹介していこう。

シーシャとタバコの吸い方は異なるため、喫煙者の方でも以下で紹介する吸い方は把握しておいてほしい。正しい吸い方を理解しておくと、より深くシーシャを楽しむことができるのだ。

・深く吸い込み深く吐く

通常のタバコは煙を肺に入れて楽しむが、シーシャはここの考え方が少しだけ違う。

まず覚えておいてほしいのが、シーシャは香りがメインであるという点。肺に煙を入れすぎてしまうとフレーバーの香りが弱くなるため、肺に溜めすぎない程度に吸い、ゆっくりと吐くという方法が推奨されているのである。

肺に入れすぎないようにして吸うためには、以下の手順でシーシャを楽しんでいただきたい。

  1. ボトル内の水がコポコポという音を立てる位の強さで吸い込む
  2. 煙を吸い込む時間は約1~2秒間
  3. 吸い込んだ煙をいったん口の中に溜めておく
  4. 息を吸い込み空気と共に肺へ少しだけ入れる
  5. ゆっくりと煙を吐き出す

おいしくシーシャを吸うためのポイントは、吸う時間と強さ。シーシャの味と香りは同じフレーバーでも吸う力と時間で大きく変わるため、毎回違う吸い方に挑戦していただきたい。

煙を口に溜めて息を吸い込む際は、深呼吸をイメージするとわかりやすいだろう。深く吸い込み深く吐き出すことが重要なので、従来のタバコのようにすぐ吐き出すのではなく、「吸う」と「吐き出す」とゆっくりと丁寧に行うことを意識しよう。

・リラックスした状態で吸い込む

シーシャ初心者はむせることが多い。

なぜむせてしまうのか?その理由は慌てているからだ。前述したようにシーシャは吸い込む時間と強さで煙の量が大きく変わるため、慌てて大量に煙を吸い込んでしまうと、煙の量が多すぎてむせてしまう。むせないようにするためには、慌てずに吸うことを意識してみてほしい。

重要なのはリラックスすること。吸い込む時だけではなく吐き出す際もリラックスすることが重要で、意識して強く息を吐きだすのではなく、丸く開けた口から自然に煙が外に出ていくようにすれば、フレーバーの豊かな香りをより満喫できるだろう。

・斜め上に向けて吐き出す

口の中に溜めた煙は斜め上に向けて吐き出すことを推奨したい。

その理由は、シーシャの香りを思う存分に堪能するため。前や下に向けて煙を吐き出すと香りを体に浴びることができないが、上に向けて吐き出せば吐いた煙が体に纏わりつく。纏わりつくシーシャの煙はフルーティーないい香りなので高い充足感を感じられるだろう。

香りと美味しさを五感で堪能するため、大きく口を開けて斜め上に向けて吐き出すことを意識していただきたい。最初は少し照れがあるかもしれないが、専門店であれば周りの人も全員そのように吐き出しているため、次第に恥ずかしさはなくなるはずだ。

・定期的な休憩時間を忘れてはいけない

シーシャは大きく息を吸い込み吐き出すという喫煙スタイルなので、長時間に渡り連続で楽しんでいると酸欠状態に陥る可能性がある。

新鮮な空気をきちんと吸うためにも、3~4回シーシャを吸ったら1回は数分の休憩を挟むという感覚で楽しむようにしよう。くれぐれも、フレーバーが勿体ないからという理由だけで、連続でシーシャを吸い続けることは避けていただきたい。

シーシャは1回を集中してリラックスしながら楽しむもの。専門店ではシーシャの片手間でお酒を楽しむというスタイルなので、休憩時間はお酒と会話を楽しみながら、疲れが癒えたらシーシャを嗜むという方法で過ごすようにしよう。

・タバコと同じ吸い方をしないように注意

大前提として、シーシャは煙を吐き出しながら楽しむものなので、吸い方の根本はタバコとは大きく異なる。しかし、シーシャを初めて吸う喫煙者の方は、タバコと同じ吸い方をしてしまい、魅力を半減させてしまっている場合が多い。

シーシャは吸う時間と強さが同一なのに対して、タバコは違う。タバコは煙をいったん口の中に溜めたあとは、空気と共に深く吸い込んで肺へ入れる。そして、肺に入れた煙をゆっくりと深く吐き出していく。

この方法だと、シーシャの魅力でもある風味を存分に味わうことができなくなるのだ。

そのため、とくに喫煙者の方はシーシャを吸う時に意識して吸い方を変えてほしい。深く吸い込んで浅く吐くのではなく、どちらも同じ強さで普通の呼吸よりもやや長めという時間の間隔を意識してみることをおすすめする。

■まとめ

シーシャの仕組み、魅力、吸い方を紹介してきたが参考になっただろうか?

健康志向が強くなってきたことで、喫煙者は肩身を狭くしている現代社会。以前まではタバコを吸いながらお酒を飲むというのは普通だったが、最近ではお店でタバコを吸えないのが当たり前になっている。タバコを吸う場所に困っている喫煙者は少なくない。

シーシャはタバコを吸っている方はもちろん、ニコチンフリーなフレーバーもあるため煙が苦手な方でも楽しめる嗜好品だ。専門店では数多くのフレーバーが用意されているため、男性はもちろん甘い香りが好きな女性の方も楽しめる。

口の中一杯に溜めた煙を吐き出す際の感覚はシーシャでしか味わえない。本記事で魅力や吸い方を把握したうえで、まずは専門店でシーシャを楽しんでいただきたい。

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る