電波時計が電波を受信する仕組み

電波時計とは、自動的に正確な時刻に修正する機能が搭載された時計のことだ。電波を受信すると、時計の針が標準時間に修正される。電波時計ではないクォーツ時計の場合、正常な状態でも1ヶ月で15~20秒の誤差が生じる場合がある。そのため、気づかないうちに時計には数分もの誤差が出ていることもあるのだ。

電波時計は、電波塔から発信される標準電波を受け取り、自動で正しい時間に修正する特徴がある。10万年に1秒しか誤差が生じない高精度のセシウム原子時計により、日本の標準時間は定められている。セシウム時計の時刻を常時日本全国に発信しているのが、日本の標準電波だ。

日本の標準電波発信局は東日本・西日本に1箇所ずつあり、東日本では福島局のおおたかどや山、西日本は九州局のはがね山にある。受信時の位置により、電波を受信しやすい局から受信される。この標準電波は、世界の主要な国々でもそれぞれ発信されている。そして、電波時計によって時刻の修正に対応している国は異なる。

なお、電波時計は、これらの電波を常に受け取っているわけではない。電波時計が時刻を自動修正する際には大きな電力がかかるため、電波時計が標準電波を受信するのは日に数回程度だ。こうして受信した情報はデジタルデータに変換され、データ内の時刻コードをもとに、時計の時刻を合わせる仕組みになっている。

電波を受信しづらい環境

電波時計には、電波を受信しづらい環境がある。基本的に昼間は家電やスマホなどの使用が多く、電波時計の電波が干渉されやすいので、電波の受信は夜に行われる。しかし、夜間であっても電波を受信しづらいケース(以下参照)もあるため、この機会に覚えておこう。

【電波を受信しづらいケース】

  • スマホや電化製品、パソコンの近くにいる場合
  • 高圧電線や電車の架線の近くにいる場合
  • ビルの中・地下・乗り物の中にいる場合
  • 気温が極端に高い、あるいは低い場所にいる場合

電波を受信できないときの対処法

電波を受信するためには、先ほど紹介したケースを避け、受信できる環境に変えることが必要である。時には電波塔などの設備が整備中のために電波の送信が中断されている場合もある。現在の送信状況はここから調べることが可能だ。

電波の送信は問題なくされており、それでも電波がうまく受信できないといった場合、以下のことを行おう。

受信しやすい環境に変える

電波時計が受信しづらいときには、電波時計は電波ノイズを発生させやすいスマホやパソコンなどの機器から遠ざけ、窓際に置くようにするとよい。受信する場所から送信局の位置を確認して、内蔵されているアンテナ部分をその方角に向けることも大切だ。

また、深夜は、電波ノイズを発生する機器の使用が減るため、より干渉のない状態で電波を受信できる。夜寝る前に、電波の感度が高い方向を探して、その窓際に置いておくとよいだろう。

電池を替えてみる

電池が少なくなっていると、電波をうまく受信できないことがある。電池を入れ替える、ソーラー電池であれば太陽光を当ててフル充電にするなどで、問題が解消されることもある。

それでも受信できなかったら受信アプリを試す

自宅が高層ビルに挟まれていたり、鉄筋コンクリート造であれば、電波の届きやすい環境にするのも至難の業だ。その場合は、スマホから疑似の電波を発生させて時間を修正する「JJYシミュレーター」というお助けアプリの使用をおすすめする。

使い方はこうだ。

①OSの種類に従い、自分のスマホにアプリをダウンロードする。

iPhone⇒JJY Simulator

 アンドロイド⇒JJYEmulator

➁イヤホンジャックにイヤホンを差し込んでおく。これがアンテナの役割をする。

③アプリを立ち上げ、ボリュームを最大にし、「音声信号の出力」をオンにし、イヤホンの近くに電波時計を置く。

腕時計が電波をうまくキャッチできれば、2~3分ほどで時刻修正が可能だ。電波がうまく受信できない際はぜひ試してほしい。

洗練されたデザインと機能美を兼ね備えた電波時計2選

正確な時刻を刻む電波時計は、ビジネスシーンに欠かせないアイテムといえる。ここからは、デザイン性・機能性に優れた特選の電波時計を2つ紹介しよう。

伝統技法と先進技術を融合したオシアナス OCW-S5000D|CASIO

商品名:オシアナスOCW-S5000D

先進技術によって引き立てられる伝統の技
(引用:公式サイト

時計のベゼル一つひとつが江戸切子職人の手作業で作られている、日本の伝統技法が取り入れられた時計が「CASIO(カシオ)」の「オシアナス OCW-S5000D」だ。

シリーズ最薄のボディと、適度に主張のあるクラシカルなフェイスが質の高さを感じさせる。落ち着きのある外観とは裏腹に、正確な時間を刻むための標準電波受信機能を搭載。

さらにBluetooth接続により、スマートフォンからの時刻修正も可能な先端技術が取り入れられている。世界で限定2,000本しか生産されていない希少モデルだ。

ソーラー充電機能を備えたwave ceptor WVQ-M410DE-1A3JF|CASIO

商品名:ウェーブセプター WVQ-M410DE-1A3JF

蛍光灯の光でも充電できるので電池切れの恐れがない
(引用:公式サイト

「ウェーブセプター」は世界6局の標準電波、世界29都市の時刻表示に対応したソーラー式電波時計だ。ストップウォッチやタイマーなど便利な機能を搭載。

蛍光灯のわずかな光でも充電できるタフソーラー採用で、フル充電後は充電なしでも約5ヶ月間駆動できる。パワーセービング状態では、約23ヶ月間の駆動が可能。水泳も可能な10気圧防水だ。

ステンレススチールのメタルボディとメタルバンドがベーシックな雰囲気を感じさせるため、ビジネスシーンでもプライベートでも使用できるだろう。

どこにいても正確に電波を受信するGPS衛星電波時計3選

もし、電波時計の受信しづらさで悩んでいる人は、GPS衛星電波時計を検討してみてはいかがだろうか。

GPS衛星電波時計は、電波塔から電波を受信する電波時計と違い、GPSなど衛星から発せられる電波を受信する。世界中どこの国にいても、時刻・カレンダー・現在の位置情報が読み取り可能。受け取ったデータから現在地の時刻に自動修正される。

ここでは、GPS衛星電波時計を3つ紹介する。

信頼の国産ムーブメントで世界の時を刻むASTRON 5X Series Dual-Time|SEIKO

商品名:セイコー アストロン グローバルライン SBXC021

セイコー アストロン グローバルライン SBXC021
緯度・経度・高度を特定し、すばやく現在地の正確な時刻を表示する。
(引用:公式サイト

2012年に、セイコーが世界で初めて生み出したGPS搭載のソーラーウォッチ「セイコー アストロン」。その性能をさらに高めたものが「ASTRON 5X Series Dual-Time」だ。

アストロンは、簡単なボタン操作でGPS衛星から位置情報を取得する機能を持つ。「SEIKO(セイコー)」の優れた省電力技術により、1日最大2回の自動時刻修正機能も備えている。

さらに高効率なソーラー充電機能により多彩なダイヤルカラーのラインアップを持つこともポイント。超低消費電力のGPSモジュールが可能にする、世界最小クラスのケースサイズはビジネスシーンにもマッチする。

ブランド誕生から30周年PROMASTER CC7015-55E|CITIZEN

商品名:PROMASTERCC7015-55E

プロに愛される本格派光発電GPS衛星電波時計
(引用:公式サイト

ブランド誕生30周年を記念して作られた限定モデルが、こちらの「プロマスターCC7015-55E」。さまざまな機能が盛り込まれたプロフェッショナル仕様のシリーズで、「空のプロ」も唸らせるパイロット・ウォッチだ。

GPS衛星電波受信機能搭載で、時刻とカレンダーを世界各国の現地時間に素早く修正する機能を持つ。また、パイロットに必要な航空計算尺やビジュアルシグナルコード機能も搭載するなど、徹底したこだわりがポイントだ。

男の休日をアクティブにさせるM Collection TR-MB7011|TRUME

商品名:M Collection TR-MB7011

アウトドアツールの機能搭載で男の休日を大きくサポート
(引用:公式サイト

「TR-MB7011」は、最先端技術が搭載されたライトチャージGPS衛星電波時計だ。GPSセンサー以外に、海・山・空で活躍する気圧・高度センサーや方位センサーが内蔵されている。電池は蛍光灯の光からも充電できるライトチャージ式。

軽くて錆びにくいチタンをプロテクトコーティングしたタフなボディや、スポーティーなナイロンバンドを含む2種類の付属ベルトがついているため、公私を問わず使用できるだろう。

水に強い10気圧防水のほか、動作可能温度の範囲が幅広い特徴があり、アクティブな休日の着用に最適なツールといえよう。