ソニーはBluetooth通信によるソニー独自の「グループトーク」機能を搭載したウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO(ニスノ)-100」の事業化準備を進めている。

スマートフォンなどを介さず、耳に装着するだけで離れた場所にいる仲間との会話が可能。あらかじめ互いに登録した「NYSNO-100」を装着した仲間同士、最長約500mの範囲で同時会話を楽しめ、3人まで利用することができる。

仲間とツーリングやトレッキングに出かけたり、サッカー、テニスなどのスポーツシーンでのコミュニケーションもスムーズになる。

耳を塞がずに周囲の音が聞こえるアンビエントイヤーピース、風切音を軽減する内蔵マイクなど、ソニーのオーディオ開発で培った技術を用い、高音質かつ自然でクリアな音を実現。海水にも対応した防水性能や防塵、耐衝撃、耐低温性能を備え、スノースポーツやサーフィンなどアクティブなスポーツシーンにも対応する。

8月26日より、ソニーのクラウドファンディングサイト「First Flight(ファースト・フライト)」で支援募集を開始。