17185「こんなバッグを待っていた」35Lの大容量、オンオフ兼用できるバックパック「TRMNL」が出張・小旅行・ジム通いをシームレスにサポート

「こんなバッグを待っていた」35Lの大容量、オンオフ兼用できるバックパック「TRMNL」が出張・小旅行・ジム通いをシームレスにサポート

編集部
スーツやビジカジスタイルでもバックパックを利用することが一般的になった。さまざまなオンオフ兼用バックパックが発売されるなか、ロサンゼルス発の新鋭ブランド「TRMNL(ターミナル)」のトラベルパックが現在、応援購入サイト「Makuake」で話題を集めている。
目次

2、3日の小旅行なら十分に許容できる35Lの大容量。オンオフ兼用できるスタイリッシュでミニマルなデザインながら、スーツケースのように180度開くメインコパートメント、前面収納、背面収納、底面収納の4気室からなり、それぞれにあらゆる使用用途に応えるポケットがいくつも配備している。

出張から小旅行、会社終わりのジム通いまでさまざまなシーンを想定した機能性は、これまでいろいろなバックパックを試したきたユーザーに「まさにこんなバッグを待っていた」と言わしめる満足度。オンオフ兼用のスタイリッシュなデザインで、旅行、出張、ジム通いとさまざまなシーンで活躍が期待できる。

ラップトップからモバイルバッテリー、イヤホンなどのガジェット類をいくつも携帯するうえで、前面・背面収納のポケットはそれぞれを個別に格納でき安全面においても安心だ。

底面収納にはすっぽりと靴一足が入るスペースを完備。出張先で必要な革靴も、会社帰りのジム用シューズもバッグに収納できる。

上部に配したトップポケットは、頻繁に出し入れをする財布やスマホ、旅行ならパスポートなど、取り出したいものに瞬時にアクセスできるのは、使った人にしか分からない機能美といえる。

また、それぞれの部屋の仕切りにはクッション性の高い素材を採用。ボディ素材も防水仕様・止水ジッパーなので水の侵入を防げるほか、傷つきにくいバリスティックナイロンを使用しハード面においても頼もしい。

ほかにも、シーンに合わせて容量を変えられるボリューム調整ベルト、取り外し可能なショルダーストラップ・手提げ用グリップに加え、キャリーバッグのハンドルへの固定ベルトと、想像しうるバックパックの機能がすべて詰め込まれている。これだけの機能を擁したバックはなかなか出会えるものではない。

販売価格は31,800円(税込)。4月28日までMakuakeで特別価格の予約販売を受付中。外出規制が続いているが、良品に出会ったならアイテムをアップグレードする機会を逃さず手に入れよう。

【製品概要】
名称: TRAVEL PACK
サイズ: H53.0×W33.0×D23.3cm(縮小時はD15.0cm)
容量: 35L
重さ: 1.75kg
予約販売:Makuake

編集部
編集部

いくつになっても、男は心に 隠れ家を持っている。

我々は、あらゆるテーマから、徹底的に「隠れ家」というストーリーを求めていきます。

Back number

バックナンバー
More
もっと見る