高級腕時計の代表的ブランド「ロレックス」。ロレックスの腕時計は知名度が高いことから、身につけているだけで高いステータスとして機能する。今回はロレックスの歴史や人気な理由、代表的なモデルを解説していく。

高級腕時計に最近興味を持ち始めた人でも理解できるように、ロレックスの基礎概要から詳しく見ていこう。最後まで読めば、自分好みのモデルを見つけられるはずだ。

■ロレックスの歴史

腕時計の代表格として有名なロレックスは、1905年にロンドンで誕生した。創業者は「ハンス・ウィルスドルフ」氏であり、「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立したのが始まりだ。

腕時計のニーズが高まると予想しての設立だったが、当時の腕時計の性能はあまり良くなかった。性能上昇とともに腕時計を世間に普及させるためにも、高精度なムーブメントを取り扱う「エグラ―社」と契約した。

そして2年後、数々の時計会社が集結しているスイスに事務所を移転し、「ロンドンのシティを走る乗合馬車で天啓のように閃いたと語られる」ROLEX(ロレックス)を商標登録した。

その後はムーブメントの品質向上に注力し、腕時計として初めてクロノメーターの公式証明書を獲得。そしてロレックスは、高精度な腕時計の代名詞として世界中から支持される存在へとなったのだ。

■ロレックスが人気な理由

ここまでに解説したように、ロレックスは高精度なムーブメントが魅力的である。しかし、ロレックスは革新的な発明をしたわけではなく、新しい機能を証明するための数多な挑戦や冒険が評価されている。そこでロレックスが人気な理由を下記の3点から見ていこう。

【機能性】

ロレックスの機能性は世界中の人々から支持されている。ロレックスの人気モデル「デイトナ」は、クロノグラフ機構といわれる複雑機構を搭載している。

また、「サブマリーナ」のモデルには高水準の防水機能、「ミルガウス」には高い耐磁性能があるなど、機能性に優れた腕時計が数多く存在している。これらはロレックスの中でもほんの一例である。

【資産性】

ロレックスは世界的に有名なブランドであるため、資産性が非常に高い腕時計だ。その資産性の高さは購入に対する安心感につながり、購入意欲を高める1つの要素となる。

一般的な腕時計は古くなるにつれて価値が下がってしまう。しかし、ロレックスであればアンティーク品として扱われるため、古くなっても価値が高まることもあるのだ。例えば、100万円で購入したロレックスの腕時計が数十年後にプレミア価格となり、数千万円の値段がつくこともある。

【ブランド力】

ロレックスというブランドは多くの人に認知されている。そのブランド力の高さから、ロレックスを身につけているだけで自分のステータスになるのだ。

また、ロレックスは腕時計に興味を持たない人にも認知されているため、ブランド力を広範囲にアピールすることが可能だ。例えば、ビジネスやデート、趣味など、さまざまな場面でブランド力を活用できる。

■ロレックスの定番モデル

最後にロレックスの定番モデルを紹介しよう。今回は「スポーツモデル」と「ドレスモデル」の2つに分けて解説していく。

【スポーツモデル】

ロレックスのスポーツモデルは機能性に優れた腕時計で、ダイビングやアドベンチャーといった屋外活動での使用が想定されている。スポーツモデルといっても以下のようにさまざまな種類がある。

・デイトナ
・サブマリーナ
・シードゥエラー
・ヨットマスター
・GMTマスター
・エクスプローラー
・ミルガウス
・スカイドゥエラー

どれもロレックスのスポーツモデルだが、モデルによってデザインや機能性が大きく異なる。なお、「デイトナ」はスポーツモデルの王道的な腕時計であり、年齢層関係なく人気が高い。

【ドレスモデル】

ドレスモデルは金やプラチナ、ダイヤモンドなどの素材が使用された高級感ある腕時計だ。機能性よりもデザイン性に注力されている。具体的には以下のようなモデルがあげられる。

・デイデイト
・デイトジャスト
・オイスターパーペチュアル
・エアキング
・チェリーニ

使用されている素材はモデルによって大きく違い、見た目や印象もさまざまである。ぜひとも、自分好みのドレスモデルを見つけてほしい。

■まとめ

本記事では、ロレックスの歴史や人気な理由、定番モデルを解説した。1905年にロンドンで誕生したロレックスは高精度のムーブメントを初め、資産性やブランド力が優れていることから世界中の人々から愛されている。

ロレックスを身につけているだけで自分のステータスとなり、高い満足感を得ることができるだろう。ぜひ本記事を参考にし、自分好みのモデルを探してみてほしい。