創業以来40年、越後薬草は一貫して健康をテーマに、自然界の野草と発酵の力を組み合わせた商品を研究開発してきた。今回発売された「YASOアルコール70」は、既存の「80(YASO)スピリッツ」のアルコール度数を70%まで高め、消毒用アルコールの代替として使えるように開発されたもの。

公式Instagramより

原材料の7割は、ヨモギやウコン、ドクダミ、高麗ニンジンなどの野草類、その他リンゴやグレープなどのフルーツ類、ショウガなどの野菜類や海藻類といった、全80種類の素材をベースに作られている。自然な野草の香りが特徴的だ。

飲料用のために酒税がかかり、販売価格は500ml=1,000円(税別)。売り上げの一部は上越市の新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みへ寄付する。

その熱い想いは確かに消費者に伝わり、発売初日はあっという間に700本が完売。公式Instagramのコメント欄には、企業努力への感謝の声や、消毒用で使うのはもったいないくらいと称賛の声が多数寄せられている。

再販開始後も早めの売り切れが予想されるため、詳細の状況は公式のホームページ、SNSアカウントでの発表をお見逃しなく。

【製品概要】
名称:「YASOアルコール70」
酒類:スピリッツ
内容量:500ml
アルコール分:70%
価格:1,000円(税別) ※酒税込
予約販売:越後薬草公式サイト