同ブランドから今回発売される日本酒「IWA 5」は、日本酒にとって画期的な手法であるブレンド技術を用いて誕生。既存の精米歩合を基準とした価値観を超え、様々な醸造の技法を駆使し、異なる産地で栽培された山田錦、雄町、五百万石の酒米、5種類の酵母がIWA 5の深い味わいを生み出した。

「ブレンドとは多くの楽器をコントロールしながら演奏するようなものです。可能性を見極め、追求に値するエレメントを抽出し、心地良い音楽に仕立てていく。全てがそこにあります。然るべきところに。然るべき瞬間に」と、ジョフロワ氏は話す。

IWA5は完成されたレシピを持たない。実験的なプロセスを辿りながら、1年、そしてまた1年と新しい異なった特徴が生み出され、少しずつ、絶妙に進化していくという。

オーケストラのように緻密な構成のもと、様々な醸造の技法を駆使したIWA 5。ぜひ一度、そのハーモニーを味わってみてはいかがだろうか。

【商品概要】
商品名:IWA 5
容量:720ml
価格:1万3000円
販売元:白岩
販売サイト:https://iwa-sake.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/iwa.sake/

あわせて読みたい
▶︎日本酒の飲み方入門|温度別の違いやロック、カクテルのアレンジも